謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Perpetual FlamePerpetual Flame
(2008/10/14)
Yngwie Malmsteen's Rising Force

商品詳細を見る



'08年にリリースされた14th。

最初聴いた時は凄く腹が立った。
と言うのも、本作品ではシンガーにティム・リッパー・オーウェンズを迎えるなど
本人の弁以外で「へヴィになった」「変化がある」と思わせるような要素があり
私自身が過剰に本作品に
何か変化があることを期待し過ぎていたからだ。
で、聴いてみたら・・・
・・・曲調、アレンジ共にいつも通りだし(笑)。
しかも音も良くない。
ベース音なんてところどころアタック音が潰れてて
音程くらいしかよく聴こえないし、
ドラムのスネアの音もパタパタと軽いし
ギターも輪郭は分かるけれども、前に出てない
こもった音だ。
それでも、少し前と比べるとマシになっているかな?
そろそろ意地を張らないで、いいプロデューサーをつけて欲しいな。
それにしても、だ。
10年以上前の作品よりも音が良くないって、どういうことよ?

気を取り直して曲を聴いてみた。
①はイングヴェイらしい、これぞネオクラシカルHMの疾走ナンバー。
特に語ることもなく、ソロもそんなに新鮮では無い。
②は"I'll see the light tonight"風のリフが使われているが
Guソロはなかなか面白かった。
③はへヴィでミドルテンポの曲。
実は私はイングヴェイが作るミドルテンポの曲には好きなものが多い。
この曲でも荘厳で物悲しいリフが弾かれており、
これで後は音がもっと今風であれば、カッコいいのになぁと思う。
ティムの歌も引っ込み気味で惜しい。

⑦も惜しいな、これで音が良くて
リフとソロをもう少し丁寧に弾いてくれたら良かったのに。
Guソロが長めなこともあって、プレイ的には耳を引くのだが。
⑧⑨はインスト。しかし連続してインストを収録させるほどの曲の良さや
必然性はこの2曲には特に感じないかな。

⑩はウェットな歌メロを持ったいい曲だと思うけど、
これはイングヴェイじゃなくてティムが歌った方がいい。
全く余計な事をしてくれたものだ・・・。

イングヴェイ作品の中ではまあ、凡作の部類に入るだろう。
少なくとも最初に買うべき作品ではない。
曲は彼自身のスタイルが最早誰が何を言おうと
変わらないため仕方無いとして、次作では何とか音だけは
改善してもらいたい。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Domination game
③Live to fight(another day)
④Red devil
⑦Be careful what you wish for
⑫Heavy heart



総評・・・76点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こりゃあ~ひどい点数ですね・・・
私は買わなくて良かったです・・・
ジャケも相変わらずですね。(汗)

ティム・リッパー・オーウェンズが加入と言うことで、
気にはなっていましたが、メタリストさんのレビューを読む限り、
とくべつチェックの必要もなさそうですね。

そうですか、音が悪いですか・・・最近のインギーはやたら
音を加工するようになってきましたしね~。
インギーは素直にストラトとマーシャルの音を出して
おけばいいと思うんですけどね。
インギーのギターに余計な歪みやエフェクトはいらないです。

インギーの場合、シンプルが一番です。
2009/11/14(土) 03:44 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
>メタラーまっちゅさん

イングヴェイの全アルバムの中で、本作品は下から数えた方が早いくらいクオリティは低いと
思います。それは楽曲だけでなくジャケットという意味でもそうですね(笑)。
肥満を誤魔化すためににほっぺたをへこますよりも、ダイエットしろ~と言いたくなりますが
何でも彼は最近少し痩せ気味なのだそうです。糖尿病にでも罹ったのでしょうか?

ティム・リッパー・オーウェンズ加入によって、何か変わっているかと言われれば
何も変わっていません(笑)。マイク・ヴェセーラがちょっと音痴になったような感じで
彼はイングヴェイの楽曲にははっきり言って合わないと思いますね。
もともと、歌い回しが上手いタイプじゃなくてパワフルさが売りですからね。
まあ、それでもバラードというかミドルテンポの曲はそんなに悪くは無いと思います。

音質に関してですが
多分、メタラーまっちゅさんが聴いたら同じギタリストとして呆れるんじゃないでしょうか?
80年代くらいなら許せる音ですけど今時こんな音でアルバムを出してたら、
インディーズと間違われかねない・・・そんなレベルです。
自己満足のサウンドプロデュースは止めて、"FACING THE ANIMALS"みたいな音で出してくれれば
十分ファンは満足すると思うんですよね。何か余計なことばかりして裏目に出ている感がありますね。
2009/11/15(日) 01:02 | URL | メタリスト #-[ 編集]
こんにちは!
最近のイングヴェイのアルバムはホントに音が酷いですよね。
でもインタビュー記事とか見ると本人はすごく満足しているようでがっかりしてしまいます。。

このアルバムは私も下から数えた方が早い作品になりました。
ティムリッパーは従順なヴォーカリストのようでほとんど加入効果もないですね。

僕は小節に無理矢理音符を詰め込んだようなインスト⑧が一番気に入りました。(似たような曲は過去にありますけどw)

"Facing The Animal"や"Alchemy"のような音で出して欲しいです。
そうすれば今度は楽曲に文句をつけられるってもんです www
2009/11/15(日) 13:06 | URL | たけちよ #-[ 編集]
>>たけちよさん

イングヴェイの不思議なところはあれほどギターが上手いのに、
アルバムの音質に無頓着なところですよね。
普通楽器が上手い人はそれに比例して、音にこだわりがあるものですが
アンプを前にした時と、CDにした時に差が出て当たり前だとでも思っているのかもしれません。
多分、「今までのが帆船なら、今度のアルバムは原子力潜水艦」と言ったのは曲のクオリティに
関してであり音質に関してではないと思いますが、
その曲に関してもそんなに良くないですからね(苦笑)。

このアルバムを聴く前はティムが入ることによって、イングヴェイのアルバムが正統派HM寄りに
なったりするんじゃないかとか、へヴィになるんじゃないかとか色々噂されていたんですけどね~。
やっぱり仕事でやっていますから、
ティムも何かアルバム製作上で問題を見つけても何も言えないんでしょう。
言えばクビになりかねませんから。

⑧はFAVORITEには挙げませんでしたが、嫌いでは無いですね。ただ昔みたいにインストやるんなら
"Black star"みたいなエレキギターで弾いたクラシックと言えるような
構築美のある楽曲が欲しいです
2009/11/16(月) 01:05 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/262-86d84c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。