謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DemanufactureDemanufacture
(1995/06/13)
Fear Factory

商品詳細を見る



'95年にリリースされた2nd。

このバンドはその昔、「インダストリアル系」と言われており
一時期流行ったニューメタル系のバンド群にも多大な影響を与えた。
このアルバムはバンドが解散した現在でも
ラウドミュージックの名盤と語り継がれる一枚だ。

Voはクリーンヴォイス、機械的なビートが特徴的で
PANTERAのようなへヴィネスと疾走感を持っている。
また、所々にクラブミュージックのようなメロディ、
アレンジも施されているため
曲によっては現在のSOILWORKに近い印象を受ける方も
いるかもしれない。

①⑨はバートン・C・ベル の怒号のようなVoと、
無機的とも言えるシャープさを持ったGuのディーノ・カザレスの
音を詰め込んだリフが衝撃的だった。
今では、この程度のサウンドでビビる人なんていないと
思うけどね。
②も①同様ギターリフと機械的なビートが支配している曲だが、
歌メロが非常にキャッチーだ。
③はテクノっぽいSEが特徴的。
しかし、この曲はライブではどうやって演奏しているんだろう。
ギターだけだと少し物足りないと思うし・・・
サポートメンバーを入れてるのかな?

中盤以降で特にアグレッシブで強烈なのは⑤⑧。
今聴くと、BURRN!誌などでもアルバムレビューが
載せられたりしている日本のDIR EN GREYあたりに音が
近いかも。
それを彼らは十年も前にやっているんだから凄いね。
先見の明があると言うか。

後半の曲は少々インパクトに欠ける曲もあるが、
アルバム構成も含めていいアルバムだ。
ヘッドフォンを使用し爆音で聴くことを推奨する。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Demanufacture
②Self bias resistor
③Zero signal
④Replica
⑤New bleed
⑧Flashpoint
⑨H-K (Hunter-Killer)



総評・・・88点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/268-4a4bf82a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。