謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Inside InformationInside Information
(1987/12/07)
Foreigner

商品詳細を見る



'87年にリリースされた6th。

音も相当ソフトだし、ジャンル的にもポップスギリギリの
産業ロックだが、迷った挙句私の好みでこのバンドのアルバムのレビューも
することにした。
(まあ、BOSTONやSTYXなんかのレビューも既に
やってるので今更なんだけど)

アメリカ人だけでなく、イギリス人がメンバーにいる
ことから
彼らが作る楽曲にはそのブリティッシュHRと
アメリカンHR両方の雰囲気が漂っているのが特徴であり、
本作品でも
①③なんかはまるで往年のMAGNUMを彷彿とさせる。
この曲はルー・グラムじゃなくて、ボブ・カトレイが歌ってもハマるかもね。

④は対照的にブリティッシュ色の少ないバラード。
クセが無く落ち着いて聴けるいいバラードだ。
・・・ま、こういう曲ばかり演奏するのが嫌でルー・グラムは
ミック・ジョーンズと仲が悪くなったのだろうね。

タイトルトラックの⑥は、アレンジ的にはもう・・・普通のポップスと言うか
当時流行っていたニューウェーブ系ですね。
ドラムの音とかは特に。
こういうのは普通のHR/HMを好む方にとっては
軟弱に聴こえるのも無理は無いかな・・・。
しかし、これがまた適度に憂いを持った
メロディのあるいい曲なんですよ(笑)。

⑧はニューウェーブっぽいアレンジを施したASIA・・・?
みたいな曲。後半のハイライトだ。
ラストの⑩は唯一と言っていい、ギターリフ主導の曲。
と言ってもサビではKeyのフレーズが主体になっているのだが。
ほんのり憂いを感じさせる、ロックナンバー。

ギター主導の音楽で無いと駄目・・・と言う方には
オススメはできないが、そういうこだわりの無い
メロディアスHRファンならばまずまずいける作品だと思う。



~METALSIT'S FAVORITE TUNE~
①Heart turns to stone
③Say you will
④I don't want to live without you
⑤Counting every minute
⑥Inside information
⑧Face to face
⑩A night to remember



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえば。
Say you willは好きでしたね。
彼らのアルバムは一枚だけ90年代のものを聴きました。

ベスト盤をアマゾンで物色してたりはするんですがね。
2009/11/29(日) 21:44 | URL | heyzo #-[ 編集]
>>heyzoさん

おおっ?!
heyzoさん、FOREIGNERを聴いていましたか!

このアルバム、FOREIGNERを知っている人でもあまり聴いている人がいなくて
寂しい思いをしていたのですが・・・聴いていた人に出会えて何だか嬉しいです♪
"Say you will"はいい曲ですよね。シングルヒットしたのは分かる気がします。
2009/11/30(月) 00:57 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/279-208453d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。