謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラドックスパラドックス
(2008/09/24)
ロイヤル・ハント

商品詳細を見る


'97年にリリースされた4th。

宗教(神)が人にもたらす救いと、その「逆説」的に生まれる苦しみ・メッセージを
テーマとしたROYAL HUNT初の、実にへヴィなコンセプトアルバム。

クラシカルなへヴィメタルをやっているのは前作までと
変わらないのだが、
テーマがテーマだけに、曲も全体的に暗いものが多く
雰囲気は変わってきている。1stが好きな人は
結構戸惑うかもしれない。

個人的には彼らが作るような
キーボード主体で作られたメタルサウンドが
そこまで好きな方ではないのだが、本作品では
そのキーボードもぎっちり音を詰めたり
よくあるギターとバトルする時以外は雰囲気モノで終わっているという
軽薄なものではないので聴き応えはある。

ただ、先述の通り全体的に作品の雰囲気は暗いし
ノリのいい曲が揃っている訳じゃない。
そして、コンセプトアルバムということもあり
どの曲も似たような雰囲気で、バラエティ豊かとは言い難い。
一度聴いただけでは、良さが分かり辛いかもしれない。
最悪、一回聴いただけでは「あっ、つまんない。売ろう」となりかねないので(笑)
最低十回くらいは聴いた方がいいです。
それでつまらないと思うのなら、本作品以降の彼らの作品は
貴方にはあまり合わないかもしれない。
(以降の作品の基本的なスタイルは
本作品と変わらなくなっているので)


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②River of pain
③Tearing down the world
④Message to god
⑥Time will tell
⑧It's over



総評・・・88点

BURRN!誌のレビューで90点台後半が付いていたが
それは極端な気もするので、私が評価するとこんなところだろうか・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/28-ca4b0fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。