謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Third StageThird Stage
(1990/10/25)
Boston

商品詳細を見る



'86年にリリースされた3rd。

ジャケットが示す通り、宇宙を感じさせるくらい雄大な音像だ。
それは彼らの(と言うかトム・ショルツの)こだわりが具現化した
形というもの。
音でガッカリする、なんて人はまずいないだろう。

本作品はいきなりバラードで始まる。
そして、①以外にもバラードが多いため「プログレハード」という
額面通りにジャンル名の音楽性を期待すると
肩透かしを食らうかもしれない・・・。
何度も言うようだが、「プログレハード」とは「プログレメタル」とは
全く違うのでBOSTONにDREAM THEATERのような緊張感を
求めてはいけません(笑)。
はっきり言って、STYXよりもKANSASよりもプログレ臭は無いです。
だから、彼らの音を楽しみたいのならば
産業ロックを聴くくらいの姿勢で聴くのが正しい。

とは言え・・・やっぱりバラードが多めなのは気になる。
④はバラードではなくアメリカンHRナンバーと言えるが、
②⑤⑦⑧などのバラードではない曲も
心和む曲ではあるのだが、本来ロックに人が求める
アドレナリンが出るような曲かと訊かれれば、そうではない。
これはちと寂しい。
いくらバラードが多めで、大人しい音がメインだと分かってはいても
少しくらいは緊張感を生む曲が欲しいものだ。
まあ、これらの曲は確かにいい曲だし、
FAVORITEにもしっかり挙げてはいるんだけどね・・・。

⑨は一応、多少はプログレっぽく曲の展開を変えたりして
飽きずに聴ける工夫の跡が見られる。

自分の好みだけでやたらと酷評をするのもどうかと
思うので、このくらいの点数は付けたが
もう一度言う。バラード多過ぎ(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Amanda
②We're ready
④Cool the engine
⑦To be a man
⑨Can'tcha say/still inlove
⑩Hollyann



総評・・・83点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
あぁ、ボストンってプログレに属するバンドだったんですか。

このアルバム以前のものは聴いてないせいか産業ロックとしてしか捉えてませんでしたが、言われてみれば。
8年で1枚、ぐうの音も出ないような凄いアルバムを期待してるんですが、意外とアッサリしてるんですよね。
2009/12/01(火) 22:31 | URL | heyzo #-[ 編集]
>>heyzoさん

BOSTONは一般的に「アメリカン・プログレハード」等と呼ばれる音楽性だとされています。

で、この「プログレハード」と言うのは
プログレっぽい「音」を出すHRバンド全般をこう呼ぶため、
音楽的にプログレっぽくなくても、出している音がそれっぽければそう呼ばれるものなのです。
ですからheyzoさんの「産業ロック」という解釈でも間違っていません。
BOSTONは音的にはプログレっぽくても、音楽の質としては実質「産業ロック」ですから。
・・・ややこしい話ですけどね(苦笑)。

アルバムの話ですが、BOSTONは仰る通りあっさりしていて、
クセの無いアルバムをよく作っていますね。
個人的にはこの次のアルバムか、
1stの方が好きです。
2009/12/02(水) 01:15 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/281-a72b584a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。