謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LeviathanLeviathan
(2004/08/31)
Mastodon

商品詳細を見る



'04年にリリースされた2nd。

以前に初めて3rdを聴いた時、プログレッシブロックなどの
前衛的な音楽に慣れている私ですら「何じゃこりゃ??」という感じで
よく分からなかったのだが
この2ndも正直言って難しい音楽。気軽には聴けない。
・・・結局のところ3rdのレビューの時に
「彼らの音楽の良さが理解できないのが屈辱」と書きましたが、
何度聴いても面白いと思えない音楽は絶対あるので
無理するのは止めました(笑)。
だって、分からないんだもの。しょうがない。
いくら分かったフリをしたって褒められないものは
どう文章で褒めていいか思いつかないのだ。

・・・一応、音楽性の説明をしようと思うが
本作品も例によって音楽性を上手く喩えるのは難しい。
そうですね・・・ドラムの手数がかなり多い、プログレッシブロックの
影響を受けたBLACK SABBATHとでも言おうか。
そんな感じ。
マニアックっすね。

①はハードコアパンクっぽいリフが印象的で
こういう曲は手数の多いドラムも勢いを感じさせるし
割と取っ付きやすいのだが、
②のような曲は正直、私にはどう楽しんでいいやら判断が付かない。
③のようにイントロのメロディックなギターフレーズに
心躍らされつつも、歌メロ・ギターによるメインリフは
重く引きずるようなもので萎える。
ゆっくりのパートでドラムがジャズのように手数の多いオカズを
ジャンジャン披露してもらっても、あまり楽しめない。
緊張感溢れるユニゾンがあるんなら、また別なのだけれども
そういう訳でも無いし。
何か、こう・・・ギターリフとドラムがあまり絡んでなくて
HR/HMと言うにはあまりにも
自由なアンサンブルをやりすぎているのが
古臭い頭を持った私には理解できないのだ。
先鋭的な音楽センスを持った方には申し訳無いが
低い点数を付けることを許してもらいたい。
自分に嘘は付けないので・・・。

とは言ったが、⑤なんかはちょっと昔のモダンへヴィネス風のリフに
ビル・ブラッフォードみたいな手数の多いドラムフレーズが
意外に合っててカッコいいね。
あと⑥はハードコアパンクでプログレッシブロックやりました、って
感じで唐突に疾走パートに移ったりするところは面白い。
リフのメロディもちょっと民族音楽風味が付けられていて
なかなかのものだ。

⑦もメロディは結構いいんだけど、ドラムの手数が気になる。
こんな曲くらい大人しくしていてもいいのに。
何でこんなにバカスカ叩きまくるんだろう。
まあ、それが彼らの個性だと言われれば
「ああ、そうなんですか」としか言えないが。

ただ、⑨と⑩だけはこれまでのちょっと雰囲気が異なるね。
特に⑩はメロウなインストであり、こういう曲での
ブランのドラミングは素直に上手だな~と思えるし
⑨もメランコリックなギターリフに合わせて
大人しくも巧みだと感じさせるプレイをしている。
こういう曲が多ければ、もっといい点を付けただろうね。

私は酷評したが、このアルバムは彼らの作品の中でも
評価が高くて、むしろHR/HM以外の音楽ファンから
注目されているそうだ。
BURRN!誌でもそこそこ評価されたのだろうか?
点数はともかくとして
もし評価されているのならば、どんな褒め方をしているのかが
唯一気になるところ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Blood and thunder
⑤Iron tusk
⑥Megalodon
⑨Hearts alive
⑩Joseph Merrick



総評・・・71点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
マストドンは僕もよく解らないというか、聴き込みすらしていないバンドです ^^;

世間一般的には音楽通(?)を自称する人なんかに評価が高い印象を受けます。

そのうち聴き込んでしっかり噛み砕きたいなぁ。なんて思ってるのですが、これを聴くなら他に聴きたい作品が多すぎてずっと後回しです。。

2009/12/10(木) 08:03 | URL | たけちよ #-[ 編集]
こんばんわ☆
私もこれ、聴いたことありません^^;

でも実は私、一度この人たちのステージを
生で観たことがあります。
正直あまり印象に残らなかったです、ハイ。
(ヘッドライナーは別のバンドでした、ちなみに)。


2009/12/10(木) 19:56 | URL | 沙羅斗牙 #-[ 編集]
>>たけちよさん

好き嫌いはともかくとして、どんな新しいバンドでもどこがいいのかを探そうというのが
私の聴き方なのですが、このMASTODONはちょっとそれを見つけるのが難しいんですよね。
曲がメロディアスでなくてもリフがグルーヴィであったり、スピーディであったりとか・・
あるいは単体でそういう要素が無くても、リズム、メロディの組み合わせで面白い曲が出来ていると
思ったら愛聴するんですけどね・・・。

まあ、このバンドの新作がこれから出ても、試聴してみて余程気に入った曲が無い限り買うことは
無いでしょうね。ちょっと懲りました。
2009/12/11(金) 00:02 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>沙羅斗牙さん

なるほど、MASTODONを観たことがありましたか。
しかし、このバンドは何と言うかメタルはメタルなんでしょうけど、新しすぎるのか
よく分からないですね(苦笑)。
素直に疾走してくれると面白いなぁ・・・と思っているところで慌しく曲が変わったり
何か肌に合わないです。
沙羅斗牙さんがこのアルバムを買って、聴いたとしてもライブ同様あまり曲の印象は
残らないかもしれません。
プログレッシブロック等に抵抗の無い私も
レビューするまでに結構マメに聴いた結果で、これですから(苦笑)。
2009/12/11(金) 00:03 | URL | メタリスト #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/08(水) 06:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/292-de198e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。