謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギヴィング・ザ・ゲーム・アウェイギヴィング・ザ・ゲーム・アウェイ
(2008/08/20)
サンダー

商品詳細を見る


'99年にリリースされた5th。

初めてこのアルバムを聴かれた方は「あれ、これは本当にTHUNDER?」と
思われるかもしれない。

よく聴くとTHUNDERらしいメロディがどの曲にもちゃんとあるのだが
ブリティッシュHRと言うよりも、ブリティッシュロックであり全体的に
ブルージーな匂いが若干薄れているのが寂しい。
洋楽ロックを幅広く聴かれる方であれば、
①②を聴くとOASIS辺りを連想されるかもしれない。

③はBメロの歌メロをジョン・レノンが歌えばそのまんま
THE BEATLESになるような曲だが、
サビは一応THUNDERっぽい泥臭さがあるかな。

⑤は面白いね。AメロBメロブリッジくらいまでは底抜けに明るい
R&R調の曲なのにサビがブルージーなメロディと
なっている。
Guソロへの流れも心温まるメロディがあり、素晴らしい。

⑦はWILD CHERRYのカヴァー。G3のライブでよくやっているので
有名な曲だしTHUNDERがカヴァーするとハマるけど、
このアルバムに合わないな。
⑧は淡々としたバラードだが、スルメ曲。⑥のように
分かりやすいメロディじゃないがこれは聴き込むほどに
良さが分かってくる。

このアルバムをリリースした後、THUNDERは一度目の
解散を経験する訳だが、
amazonのレビューに書かれているほど
酷い作品では無いし、そこまでファンを無視した曲ばかり
収録されている訳では無い。
ド頭の曲が、いかにもOASISっぽいから
少々ビックリはすると思うけど。
地味だけどいい曲入ってます。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②All I ever wanted
③Giving the game away
⑤Rolling the dice
⑥Numb
⑧'Til it shines
⑪It could be tonight



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/298-b4778436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。