謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクリームスクリーム
(1994/10/13)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


ジャケ写が無いなぁ・・・。
まあ、いいや。
これは'94年にリリースされた6thアルバム。

ご存知の方も多いと思うが、彼らはジョン・サイクスのカヴァー
"Please don't leave me"で一世を風靡した。
さらにアルバム"SPOOKED"でもKISSの"Hard luck woman"を
見事なアレンジで披露してくれて
非常にカヴァー曲を上手に聴かせることのできるバンドである。
そういうカヴァー曲のお陰で有名になったとは言え
一定のイメージがいつまでも付いて回るというのは迷惑だったと思う。
今更そんなことを気にする人もいないと思うけどね(笑)

本作品では
初期の頃のパワーメタル調の楽曲はこの頃には既に
無くなっており、かと言ってこの後の正統派HM路線とも
ちょっと違い、若干アメリカンHR色が見られる。

①から勢いの良いHRでアルバムは幕を開き、テンポ良く
全編こんな感じで進むのかな~などと思っていると
中盤ではコーラスを重ねたしっとりしたバラードもあり、
Voロニー・アトキンスの実力が遺憾なく発揮されるところがある。
・・・こういう思わせぶりなことを書いたのは
私はロニーの、あの高い声を絞りだすようにして出す歌が
一曲まるまる披露されるとちょっと聞き苦しく感じるのだ。
だから⑧⑨などのアグレッシブな曲では
特にそういう傾向が見られるため、あまり良い評価ができない。

とは言え、①や③などはその歌唱法を上手く生かしていると
思うし、'90年代というメタル暗黒時代に作られたアルバムなのに
ちゃんと時代に迎合しないものを作っていることは評価できる。
言うまでもなく、私の歌に関する好みは
ロニーの声を昔からよく知っている人にとっては
アルバム全体での大きなマイナス要因にはならないだろう。

~METALIST'S FAVARITE TUNE~
②Scream
④This love
⑤Walk away
⑦In a world of your own
⑩Anytime anywhere


・・・やっぱり、バラードばっかしだなぁ(苦笑)

総評・・・86点


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/3-013cc634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。