謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルカトラスアルカトラス
(1994/03/02)
アルカトラス

商品詳細を見る



'83年にリリースされた1st。

イングヴェイ・マルムスティーンの存在を、
その美しいトーンと天才的な速弾きテクニックによって
世のHR/HMファンに知らしめたことでも有名な一枚だ。

ALCATRAZZはイングヴェイやRAINBOWのアルバムを一通り聴いた後に
聴いたため、イングヴェイの音楽とグラハム・ボネット在籍時のRAINBOWを
足して2で割ったような様式美HMといった印象が今でも
私にはある。
①はRAINBOW寄りの楽曲だが、ソロを聴けば
いかにもイングヴェイという感じだ。

②はGuソロも良いがバッキングにも注目して欲しい。今と
比べると本当に丁寧に弾いていて、美しい。
ウリ・ジョン・ロートに影響されたと言われると納得するね。
③の"Jet to jet"はね、もう散々言われ尽くされていることだから
何に似ているかとか言わない。
二本重ねたGuソロの6連ハモリのパートはあまりにも有名でしょう。
(余談だが、スティーブ・ヴァイはこの6連の部分をライブでは
タッピングを交えてイングヴェイとの差別化を図っているようだ)
勿論、その後のギター一本のソロ部分も素晴らしい。

④は美しいイントロと・・・それにグラハム・ボネットの血管が
ぶち切れんばかりのハイトーンのシャウトが凄いミドルテンポの
バラード。
ちょっとSCORPIONSっぽくもあるかな。

荘厳で後のイングヴェイがいかにも好みそうな
クラシカルな小曲⑥を挟んで
今のイングヴェイがあまりやらなくなった3連の曲⑦が
始まる。
この曲はグラハム・ボネットの歌メロが素晴らしいが、
ちょっと危なっかしい部分もある(まあ、それが彼の味かもしれないが)。
Keyソロも結構いいのだけれども、イングヴェイが目立ち過ぎてて・・・ねぇ(笑)。

ソロ以降のイングヴェイしか知らない方には
特にオススメ。今よりも凄く丁寧で美しいソロやバッキングが
沢山聴けるアルバムだ。
ギタリストにとっても勉強になるかも。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Island in the sun
②General hospital
③Jet to jet
④Hiroshima mon amour
⑦Too young to die,too drunk to live
⑨Starcarr lane
⑩Suffer me



総評・・・88点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このアルバム、最近までAmazon注文したつもりで
実は思いっきり注文してなかったという・・・
というのは置いといて。

スゴイ気になるアルバムです!
ウリ仙人ぽいエッセンスあるんですね~♪
やっさんの声も好きですし
まだこの時代は聴いてないので
やはり早めに買いたいと思います!( `・ω・´) ノ
2009/12/21(月) 00:55 | URL | koumei #-[ 編集]
僕も同感です。
Yngwieソロ作以前の
こういう作品が、やっぱり好きでした。
やっさんのRAINBOWや、
MSGも好きでしたしね。
2009/12/21(月) 11:56 | URL | hirokawai #-[ 編集]
いいですよねこのアルバム。かなり聴きました。
初期イングヴェイは名曲ぞろいですが、それに負けないぐらいいい曲が多いですよね。
ギターソロも丁寧だし。
今のイングヴェイのギターソロは全然耳に残らないな。。。
2009/12/21(月) 22:13 | URL | まる #h0D/NfaY[ 編集]
今作は私個人的にはイングヴェイ史上最高の一作かと思っています。
自身のブログでもレビューをしましたが、当時19歳の演奏力とは
とても思えません。このネオクラシカルな旋律と圧倒的スピードに
美しさ、またマーシャル直?の音と言い信じられない技術と感性には
ただただ脱帽・・・まさしく彼は音楽界に革命をもたらしたと思います。

それから以外に注目が行きませんが、私は今作のインギーのバッキングに
とても好感を持っています。あくまでボーカルを活かすためのバッキングと
言いますか、これだけのテクニシャンながら非常にシンプルな演奏と
なっていますね。(まぁライブではオブリ入れまくりですが・・・)
この弾き加減が今作は絶妙だったと思います。さすがにこのころは
19歳ということもあり、バッキングでグラハムより目立つことなど
できなかっただけかも知れませんが・・・

インギーのフォロワーも今ではたくさんいますが、未だに他の追随を
許さぬ孤高の存在ですね!世界最高峰の音楽家と言っても過言では
ないでしょう。

しかしながらリーパーとの最新作をレンタルで借りてきて聴きましたが、
がっかりでした・・・orz ほぼメタリストさんのレビューと同様の
感想であります・・・
あの眩しかったインギーは一体どこへ行ってしまったのでしょうか・・・
2009/12/21(月) 22:19 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
このアルバム、いいっすよね~。(^^)

やっぱり事故を起こす前ぐらいまでが、サウンド、テクニック等々、ピークだったような気がしてしまうんですよね。

新しいのを全然聴いていないんですがね。(^^;

シュレッダーなイングヴェイもいいのですが、ゆっくりと弾いている、心にしみるビブラート掛けまくりのイングヴェイも好きなんですよね。
2009/12/21(月) 22:57 | URL | TK #NeBVXcVU[ 編集]
Re: タイトルなし
>>koumeiさん

今のイングヴェイのプレイは、もう何年も同じスタイルで続けていることからネタ切れ気味で
あったり、ピッキングも粗かったり、何よりも手クセのフレーズが多いのですが
このアルバムではじっくり聴きこむ価値のあるGuソロを弾いています。
入手されましたらじっくり聴いてみてください。
ああ、それと有名なのでご存知かもしれませんが・・・3曲目は笑って許してあげて下さい。
若気の至りというヤツですので(笑)。
2009/12/22(火) 01:28 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>hirokawaiさん

イングヴェイってソロになると、完全に自分のやりたい放題やっていたと思うのですが
この頃はまだ「少しは」他のメンバーにも遠慮を
していたと思うんです(と言うか「思いたい!」)。
それが功を成しているのか、このアルバムでは彼のプレイのみならず
他のパートも地味ながら面白いんですよね。
で、他のパートに費やすエネルギーをより自分のパートに向けているようなので
グラハムの歌メロが素晴らしいのは勿論、
イングヴェイ自身のプレイも非常に丁寧で、ウリの影響を
感じさせる流麗なプレイが聴けるのがいいですね。

やっさんはMSGでの歌も良かったですね。
ステージでは衣装とかズボンのチャックがどうのと色々問題もありましたが
今となってはいい思い出です(笑)。
2009/12/22(火) 01:32 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>まるさん

この時代のイングヴェイは自身が作る曲もソロの時と違って、
RAINBOWを手本にしたHRだと思うので
それを意識してか、凄くGuソロが丁寧だと思います。
それと仰る通り、今のイングヴェイのGuソロは耳に残らず頭にも残らないのが残念ですよね。
ALCATRAZZとソロ1~3作目くらいまではGuソロだって覚えて口ずさめるくらい
印象的なものが多かったのですが。
2009/12/22(火) 01:34 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>メタラーまっちゅさん

またまたコメント有難うございます!
イングヴェイのプレイ面で言うなら、私もメタラーまっちゅさんの意見に同意です。
多分イングヴェイのようにネオクラシカル風の速弾きをやろうと考えた人はいたと思うのですが、
この頃の彼にはただ速く弾こうというだけじゃなくて、エレキギターで
ヴァイオリンのような美しいトーンを実現させようという明確なビジョンがあったのでしょう。
そこがフォロワーと彼とを分ける技術的な壁だったと思います。
よく音は機材で作るものではなく、右手で作る・・・という格言(?)を聞きますが
それはイングヴェイにこそ当てはまりますよね♪

やはり、と言いますかメタラーまっちゅさんもバッキングには注目されていたようですね。
確かにライブでは色々とアルバムでやっていないフレーズを入れたり
目立ち放題目立っていますけど・・・彼にしては引くところは引くという
真面目な「バンドのギタリスト像」を演じていると思います。
今じゃ考えられませんが。

彼はデビュー時にこれほどのプレイを見せているのですから、彼の自信は
もっともなものだと思います。それだけに
彼には原点に立ち返って美しいバッキングやGuソロを弾いて欲しいですよね。
最新作は、本当にねぇ・・・(苦笑)。

クラシックと共演した時は、例外的にかなりいいプレイを
していたのでやればできると思うのですけどね~。
2009/12/22(火) 01:37 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>TKさん

そうですね~。交通事故起こしてからですかね、
イングヴェイのプレイが雑になってきたのは。
"ODDYSEY"以降は作曲で何とかフォローをしていると思いますが、
やはりこの人のアルバムからは印象に残るギタープレイを聴きたいものです。

TKさんは近年の彼のアルバムを聴いていないようですが、正直聴かない方が
いいかもしれません(笑)。
近年のアルバムはプレイが手癖ばかりになっていますし、音も良くないし
何より曲がちょっとマンネリ気味なので・・・。
2009/12/22(火) 01:38 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/303-895dc74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。