謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティグマータスティグマータ
(1998/03/21)
アーク・エネミー

商品詳細を見る



'98年にリリースされた2nd。

CARCASSのGu、マイケル・アモットが中心となって結成された
メロディックデスメタルバンド。
日本ではおそらく最も有名なメロデスバンドだろう。
最近の彼らの作品と違うのはまだVoがヨハン・リーヴァであること、
そして今よりもギターサウンドの輪郭が若干不明瞭であり、
そこから生まれるCARCASSに通ずる不気味さ、マイナーっぽさを
持っている点だろうか。

メロディックデスメタルとは言え、デスメタル的な
ブルータルな要素を求める
私には①のように正統派HM風のメロディが入っているだけでなく
ブラストビートを入れたりしているのが嬉しい。
今のメロデス系のバンドのように
メロディ的に洗練されていればそれはそれでカッコいいだろうけど、
まずはそういう基本がしっかりしていないとね。
②ではドゥーミーなイントロから始まるが
流麗なアモット兄弟のGuハーモニーが美しいインスト。

③は①と違い、泣きやメロディアスな部分よりもリフの鋭さや
へヴィさが強調された曲。
変拍子が入ってからのGuソロが面白い。
⑥は何故だか、前作のアルバムタイトルが冠されている。
リフがIRON MAIDENの"The clairvoyant"を想起させる
アヴァンギャルドな一曲だ。

後半のハイライトは・・・⑨かな。
スラッシーで、終盤のアモット兄弟のGuソロは実にヒステリック。
ラストの⑫は一聴すると、3連のリズムから始まる地味な曲だが
ラストで曲の展開が変わり、実にドラマティックな締め方をしている。

この1stにして、結構ハイクオリティなメロデスを作っているのに
これを当時パーマネントなバンドにする気が無かったというのだから
マイケル・アモットらは実に贅沢な考え方をしていたと
言わざるを得ない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Beast of man
②Stigmata
③Sinister Mephisto
⑥Black earth
⑨Diva satanica
⑫Bridge of destiny



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アモットのギターがいいですよね。
以前友人の影響でデス系にはまってた時に良く聴きました。
特に1stと2ndはかなり聴いたなぁ。
Voが女の人になったころにはデス系自体あまり聴かなくなってしまった^^;
なんかのインタビューで「Mシェンカーを見習って意図的にマイナーキーからメジャーキーに変わるフレーズを多用している」みたいな記事を見て、うーん深いな。。。と思いました。
2010/01/08(金) 01:31 | URL | まる #h0D/NfaY[ 編集]
デスメタルで唯一好きなのが彼等です。アンジェラ嬢が加入してからが人気ですが、僕はヨハンのもっさり感嫌いじゃなかったなあ。泣き好きとしてはギターがとにかく好きで、ハモリが多いのもポイント高いです。このアルバムだと6が一番好きなんですが、好きな曲に上がっているのを見たことありません。ドラマチックな展開に泣きまくりのソロがたまらんです。フェイバリットに上げてくれていてうれしいです!
2010/01/08(金) 19:47 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
こんばんは。
このアルバムは僕がメロデスを聴くきっかけになった1枚です。デス声に免疫のなかった当時の僕はAMOTT兄弟のギターパートを心待ちにしながら本作を聴いていました(笑)
⑫のエンディングソロは本当に感動的ですよね。
2010/01/08(金) 19:52 | URL | よしよ #-[ 編集]
>>まるさん

アモット兄弟がマイケル・シェンカーを引き合いに出したように
彼らのギタープレイには'70年代HRの影響が強いんですよね。
だから泣きのフレーズも多いですし、正統派HMを好むメタラーにも好まれたように思います。
実際、デスメタルを聴かない人でもARCH ENEMYは聴く、という人は私の周りにもいましたよ。
Voがアンジェラに変わってからは、Vo的には更にエゲツなくなりましたが、
今の作品の曲も結構いいですよ♪
そうそう、私は未聴なのですが初期の作品を今のメンバーでリレコーディングしたアルバムが
昨年リリースされたようなので、ご興味があれば試聴してみると、また
違った楽しみ方ができるかもしれません。
2010/01/09(土) 01:12 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>ありんこゆういちさん

私としてはVoだけで見るなら、アンジェラが好きなのですが
実のところは、彼らよりもCARCASSのジェフ・ウォーカーが
更に好きだったりします。禍々しさで言えば3人の中ではジェフがトップクラスだと思いますので。

ただ、ギターに関してはARCH ENEMYになったことで確実に進化していると思いますね。
ハモりを入れながらもスラッシーであることを捨て去っていないところが好感が持てます。
6曲目"Black earth"の人気が無いのは、ちょっと曲展開が目まぐるしいからなんですかね?
メロディ的には凄く面白いし、後半のGuソロなんて涙モノだと思うんですけどね~。
2010/01/09(土) 01:13 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>よしよさん

今やメロデスもCARCASSやらIN FLAMES、そして彼ら以外にもたくさんのバンドがデビューして
多様なスタイルが存在しますが、デスメタルも聴く私としては最低限彼らくらいのブルータルさが
欲しいと思います。
よしよさんはデス声に免疫が無かった、と仰いましたが
ARCH ENEMYよりも先にCARCASSの"HEARTWORK"を先に聴いていれば、
このヨハンのVoはソフトに感じたかもしれません(笑)。
まあ、でも今はアンジェラのVoでも大丈夫なのでしょうから、要らない心配かもしれませんが。

12曲目の終盤のGuソロのドラマティックさは
序盤のグルーヴィでへヴィな展開を聴いていると、こんな展開が来るなんてちょっと予想が
つかないですね。
8分近くある長い曲ですけど、最後のソロを聴くために本当に待つ甲斐があると思いますよ。
2010/01/09(土) 01:16 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/319-a3686bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。