謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The RobeThe Robe
(1997/10/13)
Ten

商品詳細を見る



'97年にリリースされた3rd。

1st、2nd共に素晴らしいアルバムを作ったことで
一躍名を広めたイギリスの美旋律HRバンドの3作目はと言うと・・・
これまたいい出来だ。
・・・と思っていたんだけど改めて聴き直すと
細かいところで問題があることにも気付いた。

まず、①なんだけど
これは・・・・長いです(笑)。
いや、曲はいいんだけど、「ここで終わりだろ・・・」と
気を抜いたところで大袈裟なクワイアが入って
ここから曲が続くことが分かると、私は独りで聴いていたのに
思わず「まだ続くんかいっ(笑)」と突っ込んでしまったよ。
これじゃ何だか危ない人だ、全く・・・。

②は①と比べるとコンパクトにまとめられていて、
かつハードなギターリフとキーボードが扇情的な絡みを見せる。
③はTENがよく作るタイプのバラード。
1stで言えば、10曲目の"The loneliest place in the world"と
近い雰囲気を持つ。

④はASIAみたいな感じのポジティブなメロディのHRナンバー。
哀愁漂うバラードもいいけど、
彼らはむしろこういう曲の方が出来がいいような気もするなぁ。

多分、大方のメロディアスHRファンにとって①~⑤か⑥くらいまでは
楽しめると思う。が、そこから先が問題だ。
先述の通り曲が長いというのもあるし
曲のタイプが1st、2ndと二番煎じ感があるというのもある。
そして、何よりゲイリー・ヒューズの歌とか歌メロが
驚くほど上手でも下手でも無いという微妙なところ。
Guのヴィニー・バーンズも上手いことは上手いけど、
ソロで無茶苦茶扇情的なメロディを弾くでもなく、
少し大人しかったり・・・

・・・まあ、いいアルバムだとは思うけど名盤とまでは
言えないのはその辺がネックになっているからかな。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①The robe
②Bright on the blade
③Virtual reality
④Standing on the edge of time
⑤You're in my heart
⑩Someday



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
思い切りリアルタイムで1枚目から聴いていまして、2枚目までは文句なしに愛聴盤でありました。
が、3枚目の微妙な感じ良く判ります。悪い訳でもないし、かといってガツンと来るわけでもないという引っかかりの無さが奥歯に何か挟まったような居心地の悪さを感じさせますよね。2枚目なんかは今でもたまに聴くのですが、このアルバムはここ10年聴いていませんです・・・。
2010/01/13(水) 11:43 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
Ten、ライブ盤だけ持ってます。
私の悪い癖で予想通りの良いアルバムだったのであまり聴きこまずに棚の隅っこに。

ちょっと聴きなおしてきます。
2010/01/13(水) 19:38 | URL | heyzo #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>ありんこゆういちさん

なるほど、私と同じTENのリアルタイム世代でしたか。
そうなんですよね。このアルバム、他のメロディアスHRバンドが出したアルバムなどと比べると出来はいいのですが
高いレベルでありながら微妙な作品と言えますね。
私はギリギリこの3rdまではよく聴いているんですけど、それ以降は記事にも書いたように
個々のメンバーの技量等、作曲能力等で特別驚かされることがないため
惰性で買っておりましてヴィニー・バーンズ脱退を機に買わなくなりました・・・。
いい作品もあるそうですが、何となく食指が伸びませんねぇ。
2010/01/14(木) 00:25 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>heyzoさん

TENのライブ盤と言えば、"NEVER SAY GOODBYE"ですね。実は私はこのアルバムを持っておらず
聴いたことが無いのですが選曲もこの3rdまでということであれば
かなり楽しめそうですね!
まあ、スタジオアルバムとしては1st、2ndが好きな私ですがある意味
初期のベスト盤的な意味合いもあるライブ盤のようですから、持っていると便利ですね~。
Amazonで安かったら私も買おうかなぁ。
2010/01/14(木) 00:27 | URL | メタリスト #-[ 編集]
こんばんは!
このアルバムは1st、2ndと素晴らしい作品を作ってきたTENに
「ん?」という思いが浮かんできた作品でした。
サウンド的にも1stから2nd、3rdと徐々にリヴァーブ感が強くなってきて
ドラマティックさを演出するにあたってある種のゴマカシ感が
出てしまっている印象を持っています。
とは言っても曲自体イイものも多いし今でもたまに聴く作品であります ^^;
それにしても①は無駄に長いですよね~。
シングルバージョンの方がコンパクトでよっぽどしっくりきますw
2010/01/16(土) 22:58 | URL | たけちよ #-[ 編集]
>>たけちよさん

あまり突っ込みを入れるのも無粋なのですが、
TENはアルバムを経る毎に自分達の曲や他のバンドの曲に
似た新曲をよく出したり、それとたけちよさんが仰ったようにドラマティック感を出すために
やたら大袈裟な演出を多用したりすることが多くなったんですよね・・・。
それがちょっと残念です。
思うにこの3rdを出した段階では、ちょっとネタ切れ気味だったのかもしれません。
考えてみれば1st、2ndはほぼ同時期にレコーディングされたそうで
その後の楽曲については全く考えてもいなかったでしょうしね。
曲の長さに関しては、もう1stから毎度のことなんですけど
それでも本作品の1曲目なんて
思わず笑ってしまいました(笑)。
2010/01/17(日) 00:44 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/326-34e73587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。