謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Battle in the Ivory PlainsThe Battle in the Ivory Plains
(2005/03/08)
Dragonland

商品詳細を見る



'01年にリリースされた1st。

スウェーデン出身のメロディックスピードメタルバンド。
Voのヨナス・エイジャートがDrも兼任しているという
ちょっと変わり種だが、サウンドそのものは
SONATA ARCTICAとかあの辺りの影響が強そうだ。

・・・まあ、その・・・何でしょう。
このバンド、今では好きなバンドだし
メロディに光るものがあったから、集めようと思ったのだが
正直なところ、今これを聴くと結構ヤバいなぁ。
かなり分離の悪いサウンドプロダクションに、VoとDrを兼任しているから
上手く出来ないのかDrのリズムが危なっかしく、ちょっと下手。

しかし!
②を聴いて欲しい。
このメロディはメロスパーならば絶対燃えると思う。
まだまだ未完成ながら、無理なく変拍子を入れたりと
ドラマティックな展開を入れる工夫もしているし
Guもピロピロ~っと勢い良くカッコいいフレーズも弾いている。

バラードの③は素晴らしい出来だと思う。Keyのエリアス・オルムリッドの
センスもこの時点で既にいいプレイをしているのだが
この曲をヨナスが歌いこなせていない。
上手なシンガーが歌えば世紀の名バラードになる可能性がある曲なのだが。
まあ、そのエリアスのプレイは④で見事に開花しており
Guソロとのバトルは聴きどころだ。
このメロスピナンバーでは、走り気味のドラミングもちょうど良く感じる。

タイトルトラックの⑥もKeyやGuはなかなか扇情的でいい
フレーズを弾いているのだが、歌メロがちょっと単調で
Guソロをもう少し丁寧に弾いてもらいたいところ。
疾走パートと音の悪さで誤魔化されているように聴こえる。

⑧でやっている「トルコ行進曲」のカヴァーは
Keyの実力だけ際立っているように思える。
と言うか、他のパート・・・うるさいよ(笑)!
ライブでこの曲をやらないんだったら、Keyの多重録音だけでやれば
良かっただろうにねぇ。

FAVORITEには3曲しか入れなかったが、その最大の原因は
やりたいことと演奏の実力が伴っていないところ。
ここがしっかりしていれば、この作品は
「SONATA ARCTICAがリリースした凡作」くらいのレベルの
クオリティには成り得たはず。
それくらい一曲一曲に可能性を感じた。
それと先述したように音が悪いところはちょっと
簡単にはフォローできない。
言い方が悪いが
FAVORITEに入れた曲は、私が感じた細かい問題点を
曲の良さと勢いで誤魔化しきった曲ということであり、
まあ、メロスピマニアかDRAGONLANDのファン向けの一枚。
集めるにしても一番最後でいいかも。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Storming across heaven
④Ride for glory
⑪Worlds end



総評・・・68点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕も持ってます!!
やはりマニア向けのアルバムですね。
"Storming across heaven"は良い曲ですね。
当時、マイナーから日本国内盤もでていましたよね~。
2010/01/17(日) 12:29 | URL | hirokawai #-[ 編集]
>>hirokawaiさん

"Storming across heaven"は疾走パートだけ聴くとメロスピそのものですけど、曲の展開の
変わり方がちょっと強引なところに
ちNWOBHMの匂いがして、私は好きなんですよ(笑)。
しかし、彼らの音楽的な魅力をどれだけ多くの人に理解してもらえるかは
ちょっと自信が無いのも事実です。
仰るとおり、この1stはまだ万人にオススメできるものではないですね。
音、悪いですし。
2010/01/18(月) 01:01 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/330-1c6e5f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。