謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mr. BigMr. Big
(1994/06/16)
MR.BIG

商品詳細を見る



'89年にリリースされた1st。

RACER Xで一躍その名を世界のメタルキッズに知らしめた
スーパー・ギタリスト、ポール・ギルバート。それに
TALASやデイヴ・リー・ロスのバンドで活躍していた
ビリー・シーン。
IMPERRITERRIなどで活躍していたパット・トーピー。
そして、ソウルフルなVoが身上の実力派シンガー、エリック・マーティンからなる
スーパーグループ。それがMR.BIGだ。
バンド名の由来はイギリスのブルースHRバンドFREEの
曲名から。

・・・まあ、このブログは殆どコアなメタルファンの方が
見ていると思うので、今更そんな説明は要らないかもしれないが
私はベーシストのビリー・シーンが大好きなので
多少、バンド紹介が大袈裟になる等のひいきは勘弁して下さい。

やっぱりこのアルバムは、①に尽きるでしょう。
インパクトが凄いよね。
いきなりBaの高速タッピングから始まり、Guが入ると
一緒にタッピングでユニゾンするという、あまりにも有名な一曲。
ただ単にテクニックの品評会に終わっておらず、
そこにキャッチーでシンガロングできる歌メロがあるから
再結成後の今でも人気が高いのだ。

キャッチーで曲のメロディを優先してはいるものの
2nd以降の彼らの作品と比べると、やはりそこはスーパーグループ
何気にバリバリ弾いている。
④のようなしっとりとしたバラードでも、それは変わらない。
また彼らはアメリカのHRバンドとは言え、この曲では凄くブリティッシュロックの
フィーリングが溢れている。⑦⑧⑨もそんな感じで
エリック・マーティンの実力が遺憾なく発揮される曲と言える。
⑩なんかはちょっとFREEっぽい。

こういう曲が2nd以降では少なくなるのが個人的には残念だが・・・
まあ、元々彼らはブルージィなHRをやるだけのバンドを組むつもりでは
無かったろうから別にいいのかな。
ちなみに⑪はHUMBLE PIEのカヴァー。一聴してカヴァーと分からないくらい
自然に彼ら流のアレンジが施されている。

アルバムの出来としては2ndの方に軍配が上がるかもしれないが、
このFREEを現代的にアレンジしたようなHRは好きだったなぁ。
こういう路線は世界的に見ると渋くて受けないのかもしれないが、
日本人には2ndより、この1stの方が受けがいいかも。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Addicted to that rush
④Had enough
⑥Take a walk
⑦Big love
⑧How can you do what you do
⑨Anything for you
⑩Rock & roll over



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえば好きそうなのにレビューしてないなって思ってましたw

自分は個人的にLEAN INTO ITの方がちょっと好きかも?
このアルバムも好きですがw
やっぱり自分も①はガチです♪あと⑥も!
④聴くとウットリですw

FREEもベストだけ持ってますが
そうですね!
確かに似たブリティッシュな匂いもしますね~♪
2010/01/18(月) 07:59 | URL | koumei #-[ 編集]
やっぱMR.BIGは1stですよ~。
ただ、2ndで"To Be With You"が突然大ヒットして…
レコード会社から"バラード"を求められ…
売れ線のキャッチーな曲を求められ…
彼らは凄く葛藤があったと思いますよ~。
それでも、その後も活動出来たのは、
"日本のファン"のお陰だと…
そろそろ新譜が聴きたいですね~。
2010/01/18(月) 17:35 | URL | hirokawai #-[ 編集]
>ただ単にテクニックの品評会に終わっておらず、
そこにキャッチーでシンガロングできる歌メロがある

たしかに仰る通りですね。馬鹿テクを駆使しつつもしっかりと
メロディで聴かせてくれたアルバムですよね、今作は。

今作の①のイントロには多少トラウマがありまして、私が
インストラクターをやっているとき、生徒がみんなこのイントロの
タッピングをマネして弾くんです。基礎もまだまだ未熟な生徒がですよ。
もちろんヘロヘロで聴けたもんじゃなかったです。もうみんなそんな
調子で弾くもんですから、私も与えた課題を練習するように言うのですが、
ちょっと目を離すとあのイントロばかりみんな弾いていて、もう
嫌になってしまった思い出があります。まぁ逆にすげぇなミスタービッグ、
この影響力は絶大だなと感心しました。ギターキッズがみんな虜に
なっていましたからね。

しかし日本ではバカ売れしましたが、たしか本国ではあまり評価されて
いませんでしたよね~?あまりにメロディがキャッチ―でしたからね、
売れ線狙いと思われてしまい、敬遠されてしまったのかとも思いましたが。
そんなこんなで彼らの市場ももっぱら日本になっていたような気がしますね。
ロウ・ライク・寿司とかありましたしねw
2010/01/18(月) 21:17 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
こりゃまた懐かしいジャケットですね!彼らのは最初のベスト盤までは全部持っています。アメリかではそんなに売れていないなんて想像もしませんでしたよ。てっきり世界中で売れているものかと(笑)
3枚目までの一曲目のイントロからの掴みのおかげでどうしても彼らの一曲目は期待してしまいます。
それにしても11にハンブルパイ入っていたのすっかり忘れていましたわ。久々聴きましたがやっぱりカッコいいですね。
2010/01/19(火) 01:01 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
>>koumeiさん

私自身、このバンドには思い入れが強いのですが
あまりにも有名で、あまりにも自分が聴き込んだアルバムというのは
レビューしづらいと言いますか・・・。
レビューを後回しにしている内に機を逃し、一年近く経ってしまったという訳です(笑)。

アメリカンHRが好きな人にとってはMR.BIGと言えば、2nd。
FREE的・ブルージィな曲を求めるなら1stでしょうね。
4曲目ってバラードなのに、ポールとビリーが目立たないところで速弾きしまくっていて
それでいて歌の邪魔をしていないところがいいですよね~。
こういう曲をやらせると彼らは上手いと思います。
2010/01/19(火) 01:20 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>hirokawaiさん

"To be with you"は確か、エリックが作ってた曲でメロディが良かったから
メンバーも気に入ってバンドでやることになった曲だったと思いますが、
軽い気持ちでこういうヒット曲を図らずも作ってしまうと大変ですよね。
アルバム"BUMP AHEAD"では"Wild world"のようにわざわざカヴァー曲でバラードを
やることになったり・・・と。
それが原因なのか、ビリーの思惑も最初と比べて軌道修正が必要になったのかもしれません。
再結成MR.BIGでアルバムは作らないんでしょうか?
そろそろ、そういう情報が欲しいですよね。絶対作ってくれると信じてはいるんですが。
2010/01/19(火) 01:22 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>メタラーまっちゅさん

MR.BIGって
「歌メロや曲を生かし・・かつ、ワイルドなプレイをしてみせる」と
ビリーがインタビューで答えていた通り
テクの生かし方にセンスを感じるアルバムを、1stに限らずよく作ってきたんですよね~。
リッチー・コッツェンが入ってからもその姿勢は変わらなかったですし。

"Addicted to thad rush"のイントロは・・・そうですね、それは真似したくなることでしょう(笑)。
このイントロは基礎がなっていない人が弾くと、リズム的にダメダメなのは勿論
タッピングの音量のムラが出たり、エライことになるんですよね~。
「タッピングよりも先に普通のピッキングやハンマリング、プリングが出来てないと
他のプレイに生かせないし、この曲もキレイに弾けないよ」・・・と言っても
皆、早く目立ちたくてこういうのをやりたがり、地味にコツコツと練習するクセが
付いてないと結局上達が遅くなるのがわからないんですよ。
私もベース始めた最初の半年くらいはそんな感じでした。
2フィンガーも出来てないのに、いきなり速く弾こうと音の粒バラバラの3フィンガー奏法を
やっていました(笑)。

MR.BIGの話に戻しますが、彼らはビッグインジャパンなどと揶揄されていたこともあるくらい
日本では売れてましたがアメリカでは売れなかったですね。
彼らが一番活躍していた時期がメロディアスなHRが時代遅れな時でしたから。
彼らも本当はライブアルバムばかり出したくは無かったと思いますが、ビジネス上
仕方無かった部分もあるんでしょうね。
ちなみに私は「ロウ・ライク・スシ」は好きですよ~♪

2010/01/19(火) 01:23 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>ありんこゆういちさん

MR.BIGは'90年代のアメリカでは売れなかったですね。"To be with you"を除いて、ですけどね。
もっともポールとビリーがいるバンド、ということでプレイヤー人気は絶頂期だったと思います。

そういえば、彼らのアルバムの一曲目ってインパクトのある曲が多かったですね。
リッチーが入って以降のアルバムは地味になりましたが、2ndでは電気ドリルを使ったギミック
そして3rdでは1st同様、超絶テクで魅せてくれました。
再結成MR.BIGでアルバムを出すのなら、この伝統を復活させて欲しいですよね~。
HUMBLE PIEの曲は、あまり聴いたことが無いのですが
原曲もいい曲ですよね!
2010/01/19(火) 01:32 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/331-373a6631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。