謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edge of ThornsEdge of Thorns
(1993/04/06)
Savatage

商品詳細を見る


'93年にリリースされた7th。

前作"STREETS:A ROCK OPERA"をリリースした後、Voの
ジョン・オリヴァが「もうツアーに出たくない」という理由で
脱退し、後任にザッカリー・スティーブンスが初めて参加した作品。
(ジョン・オリヴァは、当時のバンドのクレジットには載っていないが
作曲、キーボードを担当することで一応籍を置いてはいたらしい・・)

ザック(ザッカリーのこと)の声質はジョンほどはクセが無く、
なかなか味のある声をしており、初めてSAVATAGEを聴く人にとっては
ザックの方が気に入るかもしれない。
前作と大きく違った点は無いが、ピアノがかなり目立っており
この特徴は以降の作品にも引き継がれることになる。

①は、これが入っているから、このアルバムはSAVATAGEファンに人気が高いと
言えるくらいの名曲。
重厚でドラマティックなミドルテンポの曲だが、
クリス・オリヴァのGuソロには圧倒されるばかりだ。
②は後半でザックのヒステリックなハイトーンが聴ける。
ちなみにその部分はライブでやっていなかったようだが、
あまりにキーが高すぎるから難しいんだろうなぁ。
ちょっと残念。

⑥は地味な曲なのだが、プログレッシブロックのような
凝った展開の曲であり、メロディもしっとりしたバラード調。
①ほどの即効性は無いが・・・
私にとっては飛ばして聴けない曲なのは間違いない。

⑩は前作の収録曲に似た曲がある気がしないでもないが(笑)
ポジティブなメロディを持ついいバラードだ。
同様に幻想的なGuイントロから、明るめのメロディに
なる⑫もよく聴いた。物凄く盛り上がるとか
そういう曲では無いんだけどね。

捨て曲無し、というアルバムでは無いが
コンセプトアルバムでも無いし、クリス・オリヴァがまだプレイしているし
ジョンよりも声にクセの無いザックが歌っているし
①は入っているし、で
SAVATAGE入門編にはいいかもしれない・・・が
今のメロパワ好きなメタルファンには地味に感じるところは
あるかもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Edge of thorns
②He carves his stone
③lights out
⑥Follow me
⑦Exit music
⑧Degrees of sanity
⑩All that I bleed
⑫Miles away



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これまた思い出深いアルバムですよ。確かハンドフルレインを聴いてなかなか良いなと思って手に入れたのですが、圧倒的にこっちの方が気に入りました。わびさびの聴いた音なので地味と言えば地味だけれども、味がある曲が多くて今でも聴く事の多いメタル系の音盤です。これジャケットも良いですよね!
ちなみに後追いでガター・バレエを聴いたのですが、ジョンの声はちょっとだけ苦手な感じが・・・。
2010/01/21(木) 08:31 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
SAVATAGEは大好きなバンドなのですが、
この音源は持っていません。
メタリストさんの記事を読んで
是非欲しくなってしまいました。

2010/01/21(木) 22:26 | URL | hirokawai #-[ 編集]
>>ありんこゆういちさん

"HANDFUL OF RAIN"からSAVATAGEを聴き始めて、彼らの他の音源をちゃんと聴こうと思ったのは
当のバンドメンバーではなくても一ファンとして嬉しいです。このアルバムでもそうなんですけど
彼らのアルバムにはスピードナンバーがほぼありませんし、
"HANDFUL OF RAIN"には名曲が2曲ありますが
それだけでは満足しない方も多いですから・・・。
"GUTTER BALLET"からSAVATAGEを知った私には、ジョンの声に対して抵抗は無いのですが
客観的に見るとやっぱりダーティな声質をしているから、苦手なのも無理は無いと思います(笑)。
最近の彼の声質は昔と比べると味が出てきているとも言えますがね。
ただ、ジョンの持つクセのある声を差し引いてもへヴィメタルの魅力の一つであるリフ・ワークが
特に優れており、そこが聴き所なので多くの人に聴いて貰いたいバンドであります。
2010/01/22(金) 00:35 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>hirokawaiさん

"STREETS:A ROCK OPERA"や"GUTTER BALLET"も優れた作品ですが、
この作品にもそれらと同レベルの名曲が収録されていますし、
コンセプトアルバムでは無い分気軽に聴けると思います。
クリス・オリヴァがギターを弾いた最後の作品でもあります。オススメですよ♪
2010/01/22(金) 00:36 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/334-920790ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。