謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Metal on MetalMetal on Metal
(2005/12/22)
Anvil

商品詳細を見る


'82年にリリースされた2nd。

映画「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~」はいい映画らしいですね。
まあ、私は地方在住なので地元じゃ観れないし
DVD待ちなんですけどね。
そんなことはどうでもいいが、これを聴き返すと
やはりNWOBHMサウンドには何か得体の知れない魅力がある、と再認識させられる。

カナダのバンドである彼らにも、NWOBHMの影響は大きいようで
③⑨なんかはSAXONみたいなノリに近く、
④はIRON MAIDEN・・・と既存のバンドの曲と似たものもあるし
演奏力もところどころたどたどしいところはあるけれども、
原始的なへヴィメタルの姿を見たようで
私としては嫌いにはなれない。大好き、名盤だとも言い難いけどね(笑)。

前半のオススメは⑤。
この曲が一番アグレッシブで、サビは初期IRON MAIDENの匂いが・・・
いや、これはポール・ディアノの声が思い浮かぶ・・かも。

⑦⑧はそれまでの曲とは違い、どちらも
どっしりとしたへヴィなミドルテンポの曲。
Guソロもテクニカルでは無いが、音数少なめ、エモーショナルなものに
なっておりなかなか良い。
⑧が構成、メロディともによく考えられていて好きだね。

先述したように⑨はちょっとSAXONっぽくもあるけれど、
ストレートなリフと、ダーティな歌メロがとても
マッチしており、後半のハイライト・・・と
私は勝手に思っている。

ラストの⑩はタイトル通り、おどろおどろしく
しかし、スピーディな一曲。
この曲には何となくスラッシュメタルのエッセンスも
感じるが・・・彼らを御手本にしたスラッシュメタルバンドも
結構いるのかもしれないね。

映画をご覧になった方の中には、後追いとは言え
彼らの音源に興味を持たれた方も多いだろう。
が、正直演奏(特にアンサンブルにおけるタイム感)はかなりヤバいし、
音質もちょっとチープなので、少し覚悟はしてもらった方がいいかも。

う~む・・・それにしても
聴けば聴くほど色んな意味でコピーするのが難しいバンドだ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Mothra
④March of the crabs
⑤Jackhammer
⑥Heat sink
⑧Scenery
⑨Tease me, please me



総評・・・79点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
彼らの映画見たいと思ったんですけど、いかんせん女の子とは見に行きづらいんで私もDVD待ちです。
予告編だけでなんか熱いモノがこみ上げてきますね。

肝心の音楽の方は全く知らないんですが私がロックを聴き始めたころ、多分85年頃にはすでにマイナーな存在だったんでしょうか?
ジャケットに見覚えがあるくらいなんですよねぇ。
2010/02/01(月) 20:00 | URL | heyzo #-[ 編集]
「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~」
やっぱウチが田舎でみれなかったもので…
早くDVDにならないかと待ちくたびれています。
このドキュメントのおかげでCD売れたんだろうな~。
めちゃくちゃ"名盤"ってのが彼らにないですが、
"魅力"はたっぷりあるバンドですね。
2010/02/01(月) 22:37 | URL | hirokawai #-[ 編集]
名前だけは昔から知っていたのですが今日初めて聴きました。なんだか知らないけれど凄く好きかも。このしょっぱい感じの音も僕にとっては+要素かもしれない。いいなあ、このドタバタ感が琴線に触れますよ。僕もDVD待っているんですが、このCDは買ってしまうかも知れない(笑)
2010/02/02(火) 00:07 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
>>heyzoさん

彼らの映画はメタラーではない女の子とは観れないでしょうね~。
と言うか、奥さん以外の女子と映画をご一緒できるなんてうらや(ry
・・・いや、気にしないで下さい。つい心の声が(苦笑)。

私も彼らのことは後追いで知ったので、一番有名だった時期でどれくらい売れていたかは
分からないのですが、話によると大きなロックフェス等には名前を連ねることはあったものの
アルバムセールス自体は振るわなかったそうです。
しかし、ここにきて彼らの映画によって知名度が上がってきて、
昔のアルバムが売れてきているのでは無いでしょうか。
昨年のラウドパークにも出ましたし。
2010/02/02(火) 01:17 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>hirokawaiさん

お互い、田舎は辛いですよね(苦笑)。
思えばIRON MAIDENの「FLIGHT666」も上映されませんでしたし・・・。

しかし、「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~」の内容をある程度知っていますが
彼らのような身の上のバンドって、日本国内でもたくさんいますし
私も音楽を自分なりに本気でやっていた時期もあったので、すごく共感を持ってしまいます。
自分の生活と夢とを天秤にかけて、夢を選ぶなんて簡単には出来ないことですし
それを笑い飛ばすことは私にはできません。

・・・まあ、それで歴史に残るアルバムを出していれば、
映画の評判も凄いことになっていたのでしょうが。
曲単位だと、なかなか味のある作品をリリースしていると思いますがね。
2010/02/02(火) 01:19 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>ありんこゆういちさん

私もそうだったのですが、ある程度有名なHR/HMバンドのアルバムを聴いてきて
B級っぽいところも聴こうかな~という、架け橋(?)的な立ち位置にいるのが
ANVILとかRAVEN辺りの、ちょっとNWOBHMっぽい音を出している連中だったりします。
で、そういうバンドって
メタラーの誰が聴いても気に入るような万人受けするような曲はあまり無いんです。
その代わりにありんこゆういちさんや、私のように
「なんだか知らないけれど好き」になる、不思議な魅力があるんですよね(笑)。

多分、'60~'70年代のクラシックロックを楽しんで聴いてきたリスナーには
NWOBHMサウンド特有の古臭さが懐かしく思える部分があるんですね。

このANVIL辺りのサウンドを気に入ってしまって、NWOBHM付近を探し出すと・・・
本当に気にいったバンドが多く出てきて泥沼です。ご注意を(笑)。
2010/02/02(火) 01:21 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/346-e45dcfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。