謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kings of MetalKings of Metal
(1994/07/08)
Manowar

商品詳細を見る



'88年にリリースされた6th。

「リラックス」という言葉ほど彼らに似合わない言葉は無い。
本作品のタイトルも"KINGS OF METAL"・・・つまり
自分達こそが「メタルの王者」と自称しているだけあって
ジャケットのみならず、音楽にも力が入りまくっている。
いや、力が入っているようにも見えるが
彼らにとってはごく自然なことなのかもしれないが。

①はタイトルから察することもできるが、へヴィメタル同様に
バイクも愛する彼らにとってのバイカー賛歌みたいな
ものでしょうか。
疾風怒濤のスピードナンバーに仕上がっており、熱い。
が、①よりもメタラーならば②に痺れてもらいたいと
個人的には思う。

歌っていることは・・・自画自賛の歌であり
「Other bands play,MANOWAR kill!
(他のバンドは演るのだが、MANOWARは殺るのだ)」という
例の名言が歌詞に出てきます。
全く伊達者にも程があるが、そこまで言うだけあって
この重厚なアンサンブルは、他の音楽では到底できないものであり
へヴィメタル以外の何者でも無い。
③はピアノや大仰なSEがふんだんに織り込まれたバラード。
いや、これは凄い。歌詞も彼ららしいし
このドラマティックさはSAVATAGEもかくや、という出来だ。

④はジョーイ・ディマイオ閣下によるベースソロ曲。
力強く速いピッキングはメタルそのもの。
⑦はエロティックな女性のあえぎ声のSEといい、男尊女卑丸出しの
歌詞といい、子どもには教育上よろしくない内容だ(苦笑)。

余計な思い入れなどを一切排除して
彼らの音楽についてのみ、冷静に語るならば
この作品はへヴィメタルのアルバムであることよりも、
自分達が作る世界観を演出することを優先するために
⑤や⑨のような演出過多で大袈裟すぎる曲があり、
そこは英語の分からない日本人には
雰囲気が100%伝わらず、楽しめない部分もあるんじゃないかな~と
思う。そこが欠点と言えば欠点。
ただ、他は②③⑧のような名曲もあることだし、
この3曲だけを目当てに買っても損はしないと思う。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Wheels of fire
②Kings of metal
③Heart of steel
⑧Hail and kill
⑩Blood of kings



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!中年です!
うおぉ~!!!MANOWAR!!!
そう演るのでなく殺るのです(笑)!鋼鉄の王様ですわ~。
うわ~、懐かしい~。
しかも俺このCD中古で98円で買いましたよ(笑)まあ即買いでしたけどね(笑)MANOWARの価値が分からんCD中古CDショップで良かったと(笑)Heart of steelは最高ですよね~。
2010/02/12(金) 23:23 | URL | 中年OYAJI #-[ 編集]
>>中年OYAJIさん

お久しぶりです!

このCDを98円で入手したとは羨ましいですね~。
私の近所の中古CDショップやブックオフなどに行くと、
いつもMANOWARのアルバムには1500円以上の値段が付いています。
おそらくは余程メタルに精通した方が査定をしたのでしょう(苦笑)。

"Heart of steel"、素晴らしいですよね。
ドラマティックな曲が揃ったMANOWARのバラードの中でも一番のお気に入りです。
しかし、"Other bands play,MANOWAR kill!"というフレーズを訳したのは多分、
BURRN!の編集者のどなたかだと思いますけど
「演るのではなく、殺るのだ」とは
意訳だとしても上手い訳し方だと思います。
雰囲気が出ていますよね♪
2010/02/13(土) 00:38 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/355-44fec376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。