謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Paradise TheaterParadise Theater
(1990/10/25)
Styx

商品詳細を見る



'81年にリリースされた10th。

10作目にして全米チャートNo.1を獲得したコンセプトアルバムが
これなのだが、まあ売れるだけのことはあるね。
出来はいい。
個々の楽曲のクオリティは名盤である8thよりも劣ると思うが、
アルバムの構成力はこちらが上だと思う。
一枚を聴き終わるまでの時間的な感覚がとても短く感じるのだ。
よく言われるように、「プログレハードのプログレの部分が
前作からすっかり抜け落ちている」という意見は
当たってはいるが、
だからと言って、彼らのファンを辞めてこれを聴かない、評価しないと言うのは
ちょっと勿体無い出来だ。

プレリュードである①は⑤のイントロだけ、という形であり
それが②に上手く繋がる。
②は無邪気な感じもする、明るいR&Rナンバーであり
古き良きアメリカを象徴するような曲。
③はベスト盤にもしょっちゅう入る、このアルバム中
もっともコマーシャルな曲。
④⑥はホーンセクションも入ってファンキーでもあるが、欧州的な哀愁も漂う
不思議な曲に仕上がっており
特に④ではトミーのGuが演歌並みのクサさを演出している。

⑤はKeyとデニスの歌メロが肝のヒットシングル。
サビのヴォーカル・ハーモニーはとてつもなく甘く切ない。

⑧ではジェイムズ・ヤングがVoで大活躍している
ソウルフルな一面がある曲。アルバム収録曲中もっとも哀愁漂う一曲だ。

実質的なラストになる⑨はへヴィかつ、ドラマティックなHRナンバーに
なっており、今までの甘さが嘘のよう。
そんな曲に反映されるかのように歌詞も痛烈なアメリカ批判の曲と
なっている。
この曲を聴いて、STYXが甘いだけのポップなHRバンドだと
思う人はいないだろう。
特に後半だ。テクニカルなインストパートがある訳でも無いのに
緊張感が凄すぎる・・・。

⑩は①同様、⑤のイントロの部分だが
これが⑨とピッタリ繋がった形でアルバムは終わる。
聴き終わった後、えも言えない満足感があなたを
優しく包み込むことは間違いない。
音が古いだのなんだのと気にしてはいけない。
プログレハードと言うか・・・メロディアスHRの名盤です。
未だ聴いていない人は是非どうぞ。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Rockin' the paradise
③Too much time on my hands
④Nothing ever goes as planned
⑤The best of times
⑥Lonely peaple
⑧Snowblind
⑨Half-Penny, Two-Penny
⑩A.D. 1958



総評・・・96点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと後回しにしていた部分もあるのですが
値段落ちを待ってはいるもののなかなか落ちないんですコレw
近場のブックオフも何故か高くて・・・
もう諦めて来月買います!
Amazonカート入れておきました♪

視聴はちょこっとしましたよ~♪
やっぱ一番好きなのはヴォーカルの声ですが
それは一部みたいでで、まだまだ聴きごたえがありそうですね!
2010/02/27(土) 00:26 | URL | koumei #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>koumeiさん

そう言えば最近STYXのアルバムって、ベストとかは安いんですけど
オリジナルアルバム自体を中古市場であんまり見かけないんですよね。
私が学生だった10数年前はタワーレコード等の大手CD屋の輸入盤で
安かったりしたものですが。

試聴をされたのであれば、メロディの質の高さを実感されたと思いますが
そう、デニスの声質がまた透き通るようでいいんですよ!
兄弟のジェイムズが歌っている曲は対照的に、ちょっとラフな声質ですが
HR然りと言った曲には結構合っています。
個々の曲をバラバラに聴くと、これはそこそこのアルバムだと思いますが
入手した際は是非通して聴いてみてください。
アルバムの構成の良さに感動すると思いますので♪
2010/02/27(土) 00:55 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/369-073ec9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。