謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sonic FirestormSonic Firestorm
(2004/05/11)
Dragonforce

商品詳細を見る



'04年にリリースされた2nd。

疾走ナンバーこそが、我がアイデンティティとでも言っているかのような
疾走ナンバーの多さは変わらず・・・と言うか
その特徴が変わったら彼らでは無いね(笑)。
それはさておき、本作品ではDrが元BAL-SAGOTHという
ブラックメタルバンドのデイヴ・マッキントッシュという
人物に変わっている。

①は正直言って、曲のメロディ・展開共にそこまで
衝撃を受けなかったが
②はハーマン・リとサム・トットマン二人のGuイントロの
ピロピロフレーズの段階で、結構楽しめました。
歌メロの傾向なども特に彼らの路線から
外れたものではない典型的なDRAGONFORCE節だが、
こういうメロディラインは元々私は好きですから・・・。

で、今の彼らと比較して気付いたことだが
③までKeyがあまりリフでGuと絡んでいない。
(まあ、1stもそうなのだけど)
それがちょっと聴き易く感じた。
やっぱり16分音符を刻みまくったギタープラス
ドコドコ疾走するドラムに、煌びやかなKeyサウンドまでもが
同時に入るのは私にはキツいのかもしれない。
どこかで、誰かが退いていれば聴き易いのだろうね。

④はバラード。これを聴いていると
色んな意味でホッとする。
何かね、速い曲ばかり聴いていると正常な判断が
出来ているのかどうか疑問に思うので・・・(苦笑)。

⑦はGuだけじゃなくて、Baもリフに積極的に絡んでいて
変わったフレーズを弾いていてなかなか面白い。
大胆な曲展開の変化も含め
アルバム収録曲中、一番好きで
一番記憶に残った。

⑧はメインのメロディが明るくて、ちょっと馴染めない。
Guのピロピロ具合も悪い方向に作用しているように思えるかなぁ。

まあ、全曲ファンの期待に応える出来にはなっているし
1stと比べるとVoも上手くなっているしで
そこそこいいアルバムには仕上がっていると思う。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Fury of the Storm
③Fields of despair
④Dawn over a new world
⑤Above the winter moonlight
⑦Prepare for war



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このアルバムはオイラ的には速いだけでいまいち印象には残ってない・・・というのが正直な感想(;´▽`A``
ただ、彼らは一作ごとに成長しているようなので新しいアルバム聴けばまた印象違うとは思いますが(でもまだ聴いてない^^;)
2010/02/23(火) 13:33 | URL | 一志 #-[ 編集]
この作品購入して初めて聴いた時は、完全に糞盤掴まされた
気持ちになったのを今でも良く覚えているのですが、しかし
ながら聴き込むほどにどんどん印象の変る作品で今では
とても良い作品だと私は思っています。彼らの作品の中でも
今作が一番の傑作なんじゃないかと。最新作は結局私も買った
のですが、正直厳しかったです・・・。私個人的には一番の
駄作と感じています。

ともあれ、今までに類を見ないタイプのバンドだと思いますし、
とてもエネルギッシュでメロディもしっかりとあるしで
良い作品だと思っていますね。

しかしニコ動で観たのですが、外国のTV番組での生演奏・・・。
これはホントひどかったです。ボーカル、ドラムは上手いの
ですが、ギターの二人のひどさと言ったらなかったです。
もう腹抱えて笑ったほどですから。ニコ厨のカキコもまた
笑いを増幅させるのですが、あれは歴史的迷演だったかとw

まぁスタジオ盤聴く分には問題ないんで今作は評価しています。
恐らくメタリストさんより私のほうが今作は評価が高いような
気がしますが、点数付けるなら1点、2点しか変りませんねw
私もこんなもんかと思います。
2010/02/23(火) 20:18 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
>>一志さん

DRAGONFORCEってどのアルバムもそうなんですけど、聴き終わった後疲れるんですよね(笑)。
リズムパターンこそ最近のアルバムでは工夫もしていますけど、
テンポやメロディの傾向も似ていますし
ある意味これだけ自分達で制約を作っていながら、たくさんの曲を書けるというのは
凄いなぁと思います。
まあ、どの曲も速いという印象はあっても個々の印象は薄いですけどね(苦笑)。
最新作はいつも通りの作風であり、まずまずの出来だったと思います。
2010/02/24(水) 01:09 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>メタラーまっちゅさん

1stの時点で、何と言うか出オチみたいな感じで次からは同路線だと
どの曲も同じように思われますが、メロディの質は上がっていると思います。
それと同時に作品を出す毎に音の密度が濃すぎて、気軽には聴けなくなった気もしますね。
音の密度の濃さがこの2ndだと、曲によってはちょうど良くて
むしろ最新作のようにKeyも混じって
ピロピロやり過ぎない分聴き易く感じるのかもしれません。

メタラーまっちゅさんにとって、最新作は厳しかったですか?
う~む、そうなのかもしれませんが、あまりDRAGONFORCEを聴かない人にとっては
「どれもあんまり変わらない」かもしれません(笑)。
90点付けるほどでは無いけれど、そんなに悪い点を付けるのも
気が退けるみたいな感じとでも言いましょうか・・・。
最新作は"Through the fire and flames"クラスの名曲がありませんでしたし、
リリース前にはちょっとバラードっぽい曲が多くなっていると噂も流れてましたが
いつも通りの作風で、私としては「悪くはないけど何だかなぁ・・・」って感じでした。

>ニコ動で観たのですが、外国のTV番組での生演奏・・・。これはホントひどかったです。

私も観たことがあります。確か4~5年前のものですよね。チューニングは狂っているし
かなり酷かったですね(苦笑)。
しかしながら、最近ではかなり改善されているようで
最新作での来日公演もまずまずの評判だったとか。
私もニコ動をちょっと調べてみましたが、確かにマシになってはいるかもしれません。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8225942
欲を言えば、もう少し安定して欲しいとは思いますが。
2010/02/24(水) 01:11 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/370-321d030d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。