謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Midnight MadnessMidnight Madness
(1990/10/25)
Night Ranger

商品詳細を見る



'83年にリリースされた2nd。

彼らの楽曲の中で、私が最も好きな曲を一曲挙げるなら
"Don't tell me you love me"と即答するのだが
'80年代に活躍したアメリカのメロディアスHRバンドの中でも
テクニカルな印象が強いのは、このアルバムの①の印象が強いからだろう。
特にジェフ・ワトソンの8フィンガー奏法の。
(今ではそう珍しくないが、両手によるタッピング奏法はまだ
斬新だったのだ)

そんな訳で①は曲のメロディが素晴らしいことも手伝って、
ギタリストには特に人気の高い一曲だったようだ。
まあ、こんなに派手でオイシイGuソロってなかなか無いもんね(笑)。
しかし、その8フィンガー奏法のフレーズに至るまでの
盛り上げるところでブラッド・ギルスもいい仕事をしているので、
よく聴いて下さい。

①が明るいアメリカンHRだったのに対し、②は湿り気を帯びた
Key主体の哀愁のメロディとサビでのヴォーカル・ハーモニーが
美しい一曲。ライブでも頻繁に演奏された。
④は世間でNIGHT RANGERがバラードバンドと見なされるきっかけになった
彼ら最大のヒット曲。
しかし、確かにこれは良いバラードだと思うし、私も好きなんだけど
何でバラードバンドなのかねぇ・・・私はハードでいい曲を
多く作っているバンドだと思っているのだけど。

⑥は私が愛して止まない、
いかにも、な「'80年代胸キュンハードポップ」。
Guはソロ以外ではあまり目立たないけど、いいプレイだ。

個人的な捨て曲を挙げるとしても、まあ⑤くらいだし
後はどの曲も素晴らしい出来だと言える。
1stよりもクオリティは高く、NIGHT RANGERの
最高傑作はこれだと私は考える。
まあ、音が良ければもっと良かったね。少し軽いです。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①(You can still)Rock in America
②Rumours in the air
③Why does love have to change
④Sister Christian
⑥Passion play
⑦When close your eyes



総評・・・92点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へぇ~この辺りもかなり好きなようですね!
STYXといい、なんかQUEEN辺りも結構聴いてそうなイメージが出てきましたw
自分もこの辺りのメロデイラインって20歳前後は大好きだったんです♪
なんか懐かしい気持ちになりますw

Paradise Theater届きました!
リピート中です~やはりかなり気に入りましたよ!!
癒し欲しい時に聴きまくろうと思いますありがとうございます♪

追記:前コメの編成のお話、結構ツインギターの『掛け合い』が大好きでもあるんですw
例を上げるとキリないですが、ツインだと
プリーストのFree Wheel BurningやThe Sentinelみたいな
掛け合いパターンが特に好きでw
もちろんギター一人でキラキラしたフレーズあるバンドも大好きですが
ツインってのもセンスの違った憧れがあるんです♪
2010/03/04(木) 11:56 | URL | koumei #-[ 編集]
>>koumeiさん

NIGHT RANGERはVAN HALENやEXTREME程ではありませんが、好きですね~。10年くらい前はプログレッシブロックを
よく聴いていたので、メロディの嗜好がイギリスやヨーロッパが多いかなぁと自己分析していましたが
アメリカンなメロディもたまには聴きたくなるんですよね。
メロディの質もそうなんですけど、'80年代的なアレンジに心惹かれています。
QUEENに関しては有名どころは大体聴いていますが、全部って訳では無いですね。時代によって
好き嫌いがあるバンドの一つなので一部のアルバムは聴かず嫌いになっている・・・と言うか、
後回しにしています。

PARADISE THEATERを気に入っていただいて良かったです♪
あの時期よりちょっと前のSTYXは暗くてしっとりした曲が素晴らしい、と私は思っていますが
明るくポップなメロディの曲もバランスよく入っていて、いいアルバムなんですよね。

「追記」への更なるコメント返しですが
JUDAS PRIESTの"The sentinel"のソロみたいなのはいいですよね~。片方がソロ弾いて
片方がリズムギターに徹するタイプもそれはそれでいいんですけど
やはりへヴィメタルならばツインリードかつ、交代でソロを取るのが一つの美学ですから。
THIN LIZZYくらいからある古き良きメタルの姿と言えますね!
(いや、もっと昔からあるかも?!)
2010/03/05(金) 00:18 | URL | メタリスト #-[ 編集]
確かにジェフの8フィンガー見たときはビビリましたね~。ただ、僕が洋楽聴き始めた時は完全に過去の人であった上に結構新しい目なので、僕の中では温故知新バンドに入ってないんですよね。ドーンパトロール聴いたときもポップ過ぎてうーんという感じだったのですが、30過ぎてからなんとなく懐かしい感じで聴けるようになったんです。このアルバムも今では音の軽さも気にならず堪能出来る様になりましたよ。
STYXなんて聴き始めたの先々月ですから、僕にとっては新譜も同然です(笑)STYXは最近のお気に入りであります。
2010/03/05(金) 10:58 | URL | ありんこゆういち #-[ 編集]
>>ありんこゆういちさん

私もありんこゆういちさん同様に、NIGHT RANGERは「後追いだけども、
クラシックロックバンドというほどのバンドでは無い」ですね。

ラジオで紹介された"Don't tell me you love me"を聴いたのが初めてで
8フィンガー奏法というのもベスト盤を借りて、そのライナーを読んで初めて知りました。
1stはそう、確かにHRというよりハードポップといっていいくらいポップですよね。
ちなみにこのアルバムの音の軽さは、もともと'80年代の音を愛してやまない私にとっては
ちょうどいいくらいなのですが、客観的に考えて「軽い」と評しました。
流石に今の新人バンドがこんなサウンドのアルバムを
出して音が軽くないなんて言ったら嘘になりますから(笑)。

ちなみにこの"(You can still)Rock in America"の8フィンガー奏法のところは、
LOUDNESSの"Soldier of fortune"みたいに絶対その演奏法で無いと弾けない訳ではなくて
普通のタッピングだけでも弾けるらしい、ということを知って
「ジェフってロックだよな~」と思いましたよ(笑)。

それと、話は変わりますがSTYXを気に入ってもらってよかったです♪
もともと'60年代の音を聴ける人なので気に入ってくれるだろうとは思っていましたが
音は大丈夫でも曲にハマれなかったら、意味が無いですからね~。良かったです。
2010/03/06(土) 01:19 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/374-b82d74c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。