謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rust in PeaceRust in Peace
(2008/10/03)
Megadeth

商品詳細を見る



'90年にリリースされた4thアルバム。

HR/HMバンドは世界に数あれど、彼らに似たバンドと言うのを
私は見たことが無い。
MEGADETHはデイブ・ムステインの「スネ夫」のような声質のVo、
そして、デイブ・エレフソンの超ドンシャリダウンピッキングベースが
入っていれば、成立する。(「超」私見であるが)
それだけで十分、普通じゃないイカれた個性的なHMが演出できているのだ。

個性的なのは音楽だけでなくジャケットを見てみると分かるが、
こんなジャケットのセンス、並みのバンドじゃできない(笑)。
宇宙人の入ったカプセルの周りに、先進国の政治的リーダー達が
いるという・・・。

小さくて判り辛いが旧ソ連のゴルバチョフ書記長とか、
・・・それに誰だかよく判り辛い顔だが
我が国の内閣総理大臣らしき人間もいる(笑)
(多分、このジャケットのアートワークを書いた人にとって
我が国の総理大臣のことなど
どうでも良かったのだろう・・・(苦笑))

それはともかく・・・
①は間違いなくMEGADETH史上最高の名曲だと言える。
長い上に凝った展開を見せるこの曲は、メンバーが変わろうとも
未だにライブの定番となっているところがそれを証明している。
彼らの音楽は「インテレクチュアルスラッシュメタル」と呼ばれ、
音楽的には複雑な展開が随所に見られる「スラッシュメタル」
・・・とされている。

が、実際はスラッシュメタルと言う感じではなく
あくまでスラッシュメタルっぽいパワーメタルという
認識をされている方も多いかもしれない。
(まあ、③は割とスラッシュメタルっぽいが)
そして複雑な展開が売りというイメージが強いが
実際、そんなに凝った展開を見せる曲と言うのは
今作品では①と⑨だけ。あとは結構ストレートな
楽曲が多いので、あまり構えて聴かなくてもスッと彼らの
魅力は伝わってくることだろう。
②などはキャッチーとは言えないまでも、緊張感の漂う
メロディのパワーメタルとして楽しめる。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Holy wars...the punishment due
②hanger 18
⑥Lucretia
⑦Tornado of souls
⑨Rust in peace...polaris



総評・・・89点

そう言えば、高校のクラスメイトが
⑥の冒頭にある老婆が笑うような、不気味なデイブの声を
何故だか気に入っていて何度もこの曲だけ再生させられたなぁ・・・
どうでもいい話ですけどね(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/39-87a138b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。