謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約束の地(プロミスト・ランド)約束の地(プロミスト・ランド)
(2003/07/24)
クイーンズライチ

商品詳細を見る



'94年にリリースされた6th。

このアルバムを知る方にとっては、既に語り尽くされたことだが
アルバムリリースされた当時、前作"EMPIRE"からのあまりの音楽性の
違いから多くのファンが拒否反応を示し
同時に、今作品を聴き込んだファンが改めてその良さを
訴えたかなりの「問題作」。

私としても・・・微妙なアルバムだ(笑)。
絶賛するのは行き過ぎだと思うし、かと言ってメロディが無い
ダークな雰囲気が漂うだけのアルバムとも言えない。

全体的にメロディが暗いのは、扱っているテーマが
内に問いかける性質のものであるから
そもそも"OPERATION MINDCRIME"等とは
同じような作りにはできないだろう。

物質的な成功を追求し続け
その果てに求める幸福が無い、と悟り・・・
次に幸福を探し、向かうのは自己の内面であり
その辿りつく答えは
結局、「今を生きる」ということ。

アルバムで語られているのは大体このようなことなのだが
これは演劇でもオペラでも無い。
ロックバンドのアルバムなのだから、歌詞がいくら優れていた
としてもそれは作品のプラスαにはなっても
評価の中心にはならない。
当然なのだが、アルバムの評価で大切なのは楽曲の質だろう。

①~⑤は前作までの彼らの作風とは全く違うものの、
まだ分かり易いメロディがそこにはあって、楽しめる。
しかし、⑥などは特に重苦しくメロディも平坦なため
歌詞を全く理解しないまま聴いても良さは理解し難い。

おそらく・・・このアルバムを酷評する人の殆どが
⑥⑦あたりの印象が強く頭に残って、評価を悪くしているのだと思う。
冷静に聴けばアルバムの前半と後半はなかなか良い。
が、やっぱり彼らの作品としては「なかなか」の域を出ないと
思っている。
楽曲単位でもアルバム単位でも、彼らはもっと素晴らしい作品を
作っているからね。

まあ、聴き込みが必要な作品であることは間違いない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②I am I
③Damaged
④Out of mind
⑤Bridge
⑧Lady Jane
⑪Someone else?



総評・・・81点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/40-3f8f5ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。