謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aurora ConsurgensAurora Consurgens
(2006/10/24)
Angra

商品詳細を見る



'06年にリリースされた6th。

このアルバムを買って①を聴いた時・・・まあ、そんなに昔のことじゃないから
よく憶えているのだが、「ちょっとヤバいか?!」と
思った。
何と言うのか、前作と違って凄くマニアックな方向性に
進んだように思ったのだ。
前作"TEMPLE OF SHADOWS"はHR/HM特有の疾走感やカタルシスを
含有しつつ、極めて音楽的にも質の高いものを作ったと思う。
が、本作品ではどうもそれを超える作品を作ろうという
彼らの「気負い」を感じた。
ちょっと凝りすぎと言うか・・・。

たとえば②のように、昔の彼らならば直球勝負の
メロパワナンバーに仕上げたであろう曲に、壮大なクワイアを
入れて、やたら高尚に見せていたりするところは
どうかなぁ・・・と思う。
まあ、好意的に見るならば歌メロだけを追うと
凄く考えて作ったのだということは伺える。
勢い一発勝負で、こんな凝った構成には絶対できないからね。
しかし、そのメロディが今まで彼らが作った疾走ナンバーと
比べると明らかに弱い。
⑤は割とストレートではあるが、Guソロのパートがちょっと
凝り過ぎな気もしなくもない。

へヴィでドラマティックな展開が印象的な
③などはそんなに悪くない。悪くないどころか結構好き。
フェリペ・アンドレオーリが奏でるベースラインは
HR/HMのベーシストが考えるそれと比べると、随分と
洗練されているし、メロディ的に美しく
歌メロを上手に立てている。
また、キコ&ラファエルのGuソロもより音楽的かつ
ハイテクニックになった感がある。
こういう凝り方なら、曲を小難しいものにしないし
歓迎するけどね。

⑥はイントロで滅茶苦茶期待したんだけど、
歌が入った途端「アレ?」となる(笑)。
このイントロだったら、前作までの彼らだったら
この曲は確実にキラーチューンになるような雰囲気なんだけどね。
プログレッシブロックっぽくて妙に敷居が高く感じる。
私はこのバンドにそんな曲構成の妙を求めないので、
ちょっとピンと来なかったなぁ。

⑦はところどころラテン音楽の影響が出ているアレンジで、
不思議なメロディのリフの割には歌メロがキャッチーで
とても聴きやすい。

まあねぇ・・・確かにこのアルバムを聴くと
彼らの音楽的な引き出しの多さとか、作曲者としての才能が
如何にあるかがよく分かるのだ。
しかし、このアルバムの楽曲をライブでやって
盛り上がるのだろうか?
そこが疑問だ。
いや、盛り上がったのならそれでいいんだけど。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②The voice commanding you
③Ego painted grey
⑤Salvation:Suicide
⑦So near so far



総評・・・82点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このアルバムが出た当時はワタクシの周りでも物議をかもしましたね~。

メタリストさんの言うとおり凝りすぎですね。かなりプログレっぽくなったと言えばそうなんですが正直生粋のプログレメタル勢と比べればそれほどプログレではないしAngraがそういう路線に走るのはちょっと…。

それと今回残念だったのはエドゥの声質の変化ですね。確か喉を痛めたとかで確実にライブで歌えるキーにしたと聞きます。プロとしていかなるコンディションであっても作品を作ろうとするのはすごいですがあそこまで変わるのであればもう少し回復を待ってからで良かったのでは?と思います。結局このアルバムを出した後に活動休止しましたし。

知的なアプローチも多い彼らですが今回は少々失敗したようにも思えます。
2010/03/25(木) 07:53 | URL | 北欧海老 #-[ 編集]
>>北欧海老さん

前作の出来が素晴らしかっただけに、本作品でのこの路線に戸惑われた方も多かったようですね。
曲の展開を凝ったものにして、バンドの音楽性をより深く広いものにしようと考えたのでしょう。
それもいいのですが、
やはりこのバンドの一番の売りはテクニカルかつメロディアスなスピードメタルナンバーに
あるのですから、メロパワ系のキラーチューンが欲しいと思いました。
"Salvation:Suicide"も悪くは無いですけど、"Speed"くらいの出来は欲しかったです。

エドゥに関しては、確かにキーが低めの歌が多かったことから
彼の喉の病気が無ければ、いつも通りだったのかなぁ・・などとも考えました。
曲作りにも何らかの影響はあったのかもしれません。

まあ、何にしろ次はあまり似合わないことばかりをせずに、
ストレートな曲調のメロパワ曲満載のいいアルバムを作ってくれることを祈るばかりです。
2010/03/26(金) 00:19 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/401-b1c09881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。