謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Space in Your FaceSpace in Your Face
(1996/03/19)
The Galactic Cowboys

商品詳細を見る



'93年にリリースされた2nd。

「METALLICAがアビー・ロードを渡ったら、GALACTIC COWBOYSになった」と
アメリカのある評論家が彼らのサウンドを聴いて、評したそうだ。
・・・なるほど、まあ言いたいことは分からなくも無いが
METALLICAって感じはあんまりしなかった。
分かりやすく言うなら、スラッシュメタルやオルタナティブロックの音像を
下地にした曲にTHE BEATLESっぽいメロディやヴォーカル・ハーモニーが入っている・・・という事だ。

アラン・ドス(Dr)が言うところの、「ただのGuリフ」である①からして
何と言うか、相当変わっている。
ハードコアっぽいリフに怒号のようなコーラス、そしてハモンドオルガンが入って
'60年代のサイケっぽさが混じった曲。リフと言うかジャムセッションと
考えるべきか。
②が非常に面白い。メインリフはANTHRAXっぽい、ちょっとハードコア寄りのスラッシュメタル
そのものなのだが、歌メロが非常にキャッチーだ。正にTHE BEATLESだ。
メロコアと違うのは、メロディは分かりやすいものの全体的な雰囲気が明るくないところだろう。
③はサビの歌メロが明るいけれども、これもTHE BEATLESに影響を受けたものであり
メロコアのような底抜けの明るさは無い。むしろグランジ・オルタナティブロックっぽい
暗さがあるような気がする。

⑤は②③④等と違い、何だかFAITH NO MOREとか普通のオルタナ系っぽい。
ある意味時代に即した音と言うか。
⑥も基本はそんな感じだが、デイン・ソニア(Gu)の叙情的なGuプレイがHR/HMらしい。
7分と少し長いが、聴き込んだら結構面白い曲だ。

好みは分かれる音だと思うけれども、「多少オルタナティブロック臭がしても
メロウな音が聴けるのならば大丈夫!」という方には結構受け容れられる音だと
思う。
7分ある曲が3曲あるのはちょっとネックだし
ラストの曲がかなりへヴィな終わり方をするのも、後味が悪く感じるが
DIZZY MIZZ LIZZYやWHITE ZOMBIEといった
ちょっと変わり種のバンドもいける人ならば、どうぞ。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②You make me smile
③I do what I do
⑥Blind
⑦No problems



総評・・・83点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/403-bf4bb8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。