謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AriseArise
(1998/01/27)
Sepultura

商品詳細を見る



'91年にリリースされた4th。

ファンの間ではこれが一番人気が高いようで、しばしば「スラッシュメタルの名盤」として
雑誌に取り上げられることが多い。
それだけあって、収録曲の殆どが心地良く疾走する曲に満ちている。
また録音環境も前作よりもかなり整ったようで
デスメタルをよく聴く方はご存知、スコット・バーンズによって
プロデュースが為されている上に、フロリダのモーリサウンド・スタジオで
レコーディングされたようだ。

①は気を抜くとアッと言う間に終わる、名スラッシュチューン。
リフがよく練られていることは勿論、
アンドレアス・キッサーのGuソロはSLAYERを彷彿とさせるような
ヒステリックなものに仕上がっており、いい出来だ。
②③では疾走するだけでなく、適度に凝った曲展開が耳を引く。

この"ARISE"は一般的に見て、①が一番人気が高いと思うが
私としては⑤が一番好きかも。
何でかと言うと、一番リフがストレートで分かりやすく
かつ不吉なメロディが整合感溢れる配置で並べられた曲だからだ。
凝った曲もいいけど、スラッシュメタルであれば
まずはストレートな疾走感があるべきだと考えているのでね。
この曲を聴いて、私のようにMETALLICAを初めて聴いた時のことを思い出す方も
いるんじゃないかな。

⑥⑦は少し冗長に感じられた・・・と言うか
曲があんまり印象には残らなかった。
⑥のGuソロはいいんだけどね。
⑩はMOTORHEADのカヴァー。

まあ、録音環境が改善されたとは言え
この時代の音なので若干音が軽く、ミドルテンポのパートの部分で
もう少しへヴィさを補う意味でも印象的なメロディを持つもの
(勿論、甘いメロディではなくスラッシュ的な不吉なものをね)が
あればもっと良かったかな。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Arise
②Dead embryonic cells
④Murder
⑤Subtraction
⑧Meaningless movements
⑨Infected voice



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/406-1e899fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。