謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォロー・ザ・ブラインド(ニュー・ミックス)フォロー・ザ・ブラインド(ニュー・ミックス)
(2007/08/08)
ブラインド・ガーディアン

商品詳細を見る



'89年にリリースされた2nd。

シアトリカルかつ、シンフォニックなパワーメタルを
流行らせた立役者のバンドの一つであるBLIND GUARDIAN。
本作品ではアルバムの作りもまだまだ粗くて、勢い一発!なノリで作られた楽曲も
見られるし、正直つまらない曲も多い。
が、私にとってBLIND GUARDIANのベストチューン候補に挙がる②が
入っているため、このアルバムは忘れることのできないものだ。

さて、その②だが
Guに関しては、まだまだ技術的に改善の余地を残しているけれども
当時から「作曲されたGuソロ」と言われるくらい
高いクオリティのメロディを持っていたし、更にそれに絡む
歌メロの完成度は極めて高い。
もともとそんなに歌が上手い方ではない、ハンズィではあるが
この曲の歌メロは非常に美しく、かつ勇壮だ。
いわゆる「ジャーマン・メタルタイプ」の楽曲の中でも
歴史に残る(・・・と断言しよう!)一曲だ。

しかし、そこから後が問題だ。
アグレッシブなリフもあり、そこそこいい曲もあるが
印象に残る曲が少ないね。
⑤の"Hall of the king"はGuソロはいいのだが、
歌メロの盛り上がりがイマイチだし・・・。

⑦とそれにライブでもよく演奏される⑧は
凄くいい出来だ。
⑦の方はインスト。
テクニカルさよりも、Guで紡ぎだすメロディとハーモニーを
重視していることが分かる、よく練られたスピーディな一曲。
⑧にはカイ・ハンセンが参加しており
一番のブリッジ部で超音波ハイトーンをぶちかましてくれている(苦笑)。

⑨はDEMONのカヴァー。"Don't break the circle"という曲をやっているが
オリジナルを聴いたことは無いので、オリジナルとの比較はできないが
そんなに悪くはない。
それよりも⑩でやっているBEACH BOYSのカヴァーが
面白かった。
ライブアルバム"TOKYO TALES"でも演奏しており
そちらの方が彼ららしいアレンジがなされていて良いのだが、
このアルバムヴァージョンの方も私は楽しめたなぁ。

まあ、とにかくメロパワ好きなら
四の五の言わずに②を聴いて涙して欲しい。
あとは⑧辺りが楽しめれば御の字・・・じゃないかな?!


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Banish from sanctuary
⑦Beyond the ice
⑧Valhalla
⑩Barbara Ann



総評・・・78点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/418-24cab928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。