謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PrimitivePrimitive
(2000/09/26)
Soulfly

商品詳細を見る



'00年にリリースされた2nd。

結論から言うと、前作と作風は変わらず
このブログで扱えるギリギリのラインの、いわゆる
ミクスチャー系の入った、へヴィな楽曲が多い。

①ではイントロからベロベロと玄妙な音を出す、「ビリンバウ」という
弦楽器がエキゾチックな雰囲気を出しており、更に
前作から見せていた、マックス・カヴァレラの
スクラッチ音を表現するボイスパーカッションも入って
独特のへヴィナンバーが展開されている。
②にはDEFTONESのチノ・モレノが参加している。

③は激しいアフリカっぽい混沌としたリズムパターンから、
後半はダブっぽくなったりと、発想は完全にHR/HMのそれではない。
ちなみにこの曲にはSLIPKNOTのコリィ・テイラーが参加している。
④、これはラップメタル、'90年代のミクスチャー系辺りが聴けないと
厳しいだろう。

⑥は何と表現すればいいのかな?
ショーン・レノン(ジョン・レノンの実息)による
不思議なメロディのVoを背景に、マックスの怒号が響く
かなり個性的な曲。
⑧にはSLAYERのトム・アラヤが参加。曲調はちょっと
ハードコアっぽいかな。

⑪は普通にHIPHOPになってます。
ゲストメンバーにも、私にはよく分からないが
3人くらい「本場の人」がいるし。
悪くないけど、ラップのパートもマックスがやって欲しいところだ。
まあ、マックスがやると出来がこれほど良くはならないだろうが。
ラストの⑫は途中までは何てことのない、
普通のモダンへヴィネスナンバーなんだけど、
後半にメロディックな女声Voを入れていて
雰囲気がガラっと変わって面白い。

1stもそうだけど、あんまり音の端々を集中して聴くのではなく
ボーっとしながら聴くと、ハッとしたりして楽しめる
タイプの音楽だ。
苦手な人は全く受け付けないだろう。
クオリティは1st同様に高いが・・・。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Back to the primitive
③Bring it
④Jumpdafuckup
⑥Son song
⑧Terrorist
⑩Soulfly Ⅱ
⑫Flyhigh



総評・・・83点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SOULFLYのこのアルバム、というか①が好きでどれに入ってるか探してたんですよ~!
これで分かりました。
2ndなんですね。
SEPULTURA系ですよね~。
④はミクスチャーですね。
かっこいい♪
このCDは欲しい…。

2010/04/15(木) 11:09 | URL | ままあや #-[ 編集]
>>ままあやさん

"Back to the primitive"とかは仰る通り、アルバム"ROOTS"以降のSEPULTURAっぽいですね。
voはラップじゃないけど、バックはちょっとラップメタル風の演奏ですから。
SLIPKNOTやKORNを楽しんで聴けるままあやさんならば、このアルバムは凄く楽しめると思います。
中古ならば、そんなに高くは無いと思いますので、
是非入手して聴いてみてください♪
2010/04/16(金) 01:15 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/419-94d2bcf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。