謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Black HaloThe Black Halo
(2005/03/15)
Kamelot

商品詳細を見る



'05年にリリースされた7th。

ドラマティックでクラシカルなメロディを身上にしているKAMELOTが
世に放つ、前作"EPICA"に続くコンセプトアルバムの最終章となるものが
本作品・・・なのだが、それにしては随分と前作までとは雰囲気が異なる。
ダークであり、曲によっては映画のサントラのように洗練された
アレンジが施されている。

①はドゥームメタルのように重々しく、そして耽美的。
所々に入るストリングスやデス声のコーラスを入れているところから
「ああ、今回はこんな雰囲気で来るか」と思っていると
②では結構いつも通りの彼ららしい、スピードナンバーをやっている。
ダークな雰囲気のアルバムを作っても
昔からのファンを見捨てない、ってことだろうね。感心感心(笑)。

先述のような「映画のサントラのような洗練されたアレンジ」と
いうのは⑥や⑩、⑫が特にそうであり、言い方を変えれば
男が歌うゴシックメタルと言った趣きで
珍しくGuが目立つ⑩はまだいいとして、⑥⑫が
ライブではどうしているのかが気になるが、アルバムで聴く分には
凄く楽しめる。
特に⑫は、8分超えの長い曲ながら
メロディだけでなく、曲展開の妙から長さを感じず楽しめた。

ダークな雰囲気と、彼らが今まで作ってきたドラマティックなHMとの
バランスが良いのは⑪。
神秘的で、他のバンドにはちょっとこの雰囲気は出せないね。
それもロイ・カーンの歌だけでなく、バックを固める演奏陣のセンスの賜物。
単純に勇壮なメロディに酔いしれ、頭を振るためだけに
へヴィメタルを聴きたい方にはちょっと作りこまれ過ぎていると
感じるかもしれないが、じっくり長く楽しめるアルバムだと
いうことは確かだと思う。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①March of Mephisto
②When the lights are down
④Soul society
⑥Abondoned
⑩The black halo
⑪Nothing ever dies
⑫Memento mori



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これまた奇遇なんですが、実は次回の更新に私もキャメロットを
予定しておりまして、すでにレビューは書き終え下書き保存して
いる状態であります。私の方は『エピカ』の方ですが。

キャメロットの作品では今作ザ・ブラック・ヘイローが
一番出来がいいんじゃないでしょうか。私個人的には彼らの
作品では今作が一番聴けます。ただ正直申しあげまして私は
このバンド自体があまり好きになれないんですよね。いや、
バンドと言うよりギタリストが・・・

トーマス・ヤングブラッドはとても良い曲を書きますし、センスは
良いと思うんですがどうもテクニックがおろそかのようで。
楽曲は洗練されたものですし、バックの演奏は非常に安定感抜群で
上手いと思いますしカーンの歌も唯一無二な感じで好きですし
とても惜しいバンドだと思います。

まぁこの辺のことは自身の記事に色々と書きましたが、この
バンドはもう一人リードギタリストを入れたほうが良いと思い
ます。今でこそそれなりの演奏力と作曲能力がありますので、
リードギタリストが加わることでとんでもなく劇的な効果が
あるのでは?と思っています。私のレビューではこんな
ギタリストが加入すればなぁ~みたいなことも書いてみました。

ちなみにゴースト・オペラはもう完全に受け入れられません
でした・・・。
2010/04/24(土) 21:07 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
>>メタラーまっちゅさん

奇遇ですね~。またレビューするバンドがかぶっていましたか。
相互リンクしている方とはそれぞれ微妙に好みが違ったりすることもあり、かぶることは
少ないのですが、何故だかメタラーまっちゅさんとはよくかぶりますね(笑)。
きっと好みとか、レビューするアルバムを聴くバイオリズム(?)みたいなものが近いのでしょうね~。
それはともかく"EPICA"のレビューを楽しみにしています。

前に、当ブログで"EPICA"をレビューした時にトーマス・ヤングブラッドはGuとして
あまり好きではないと仰っていましたよね。
確かに、この人は本職のGuがあまり目立たず、あるのか無いのか分からないくらい
地味で微妙なフレーズを弾いていることも多いです。
思うにこの人は、いいプロデューサーにはなると思うんですよね。
Guはともかく、このアレンジはその辺のクサメロメタルをやっているだけのミュージシャンには
思いつかないような洗練されたものですから。

個人的にはメタラーまっちゅさんが仰った通り、専任のGuをもう一人入れるか
でなければ、もう少しGuを前に出したアレンジをして欲しいとは思います。
今の状態だと、確かにアルバムとしては良くても
何だか、メタルっぽく無い気がします。

"GHOST OPERA"は個人的にはそこそこ楽しめましたが、あのアルバムは前にやったような曲が
あったりしますし、"THE BLACK HALO"と比べるとダークな雰囲気がメロディと上手く
噛み合っていない印象が確かにありました。
次のアルバムではもっと上手くやってくれると良いのですが。
2010/04/25(日) 01:15 | URL | メタリスト #-[ 編集]
こんばんは。
実は先日「GHOST OPERA」を買いまして僕の中でKAMELOT熱が上がってきております。
「THE FOURH LEGACY」でKAMELOTを知り、そこからこのバンドを追い続けてきた僕としては「THE BLACK HALO」のダークなサウンドはちょっと異色で、違和感が強かったですね。それでも聴き込むうちに、その唯一無二の世界観にグイグイ引き込まれました。特に⑫が大好きですね。
「GHOST OPERA」はまだ数回しか聴いていませんが、本作以上にリピートの必要がありそうですねー。
2010/04/25(日) 22:20 | URL | よしよ #-[ 編集]
>>よしよさん

KAMELOTと言えば、"KARMA"か"EPICA"のようなサウンドを想像してしまう方が大半なので
"THE BLACK HALO""GHOST OPERA"に抵抗を示す方もいますね~。
特に"GHOST OPERA"の方は、まあ捨て曲も結構あるのですが
それでも2曲くらいは、良く出来た曲もあるのでそれなりには楽しめると思います。

本作品の⑫はいいですよね~。ちょっとアレンジ的にHR/HMの範疇を超えている気もしますが
長めの曲を、構成的に冗長にならないように起承転結まとめている辺りは流石ですよね。
2010/04/26(月) 00:32 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/429-5801ba9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。