謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲイツ・オブ・オブリヴィオンゲイツ・オブ・オブリヴィオン
(2002/03/27)
ダーク・ムーア

商品詳細を見る



'02年にリリースされた4th。

このバンドの音楽に対する感想を
一言で表すならば「クサい!」・・・だろう。

まあ、イタリアのSKYLARKといい、スペイン出身の彼らといい
クサいシンフォニックメタルをやらせるとやっぱり
ヨーロッパ勢が強いですね。本場だけに。

シンフォニックメタル、とは言っても
彼らの場合はRHAPSODY OF FIREや
BLIND GUARDIANとかとは違って
あんまりファンタジーRPGのサントラみたいな音楽のような
印象は無い。
どっちかと言うと・・・「フランス革命!」「ベルサイユのばら」みたいな
ああいう恥ずかしさがある(笑)。
この作品でのVoが女性であることが関係するかもしれないが、
個人的にはそんな感じ。

とりあえず①の頭から
「何じゃこりゃ」と言うくらいクサいメロディで疾走するので、
メロスパー、大万歳!ってなもんだろう。
通して聴いた感じ、全部が名曲と言うのは言い過ぎかもしれないが
捨て曲はとりあえず無い。
短めの小曲を除いた全ての曲に
どこかで必ず一ヶ所は泣かせどころがあるのは、なかなか凄い。

ただ、アレンジがね・・・ちょっと悪い意味でダサいかな。
特にドラムとかは特に疾走ナンバーだとワンパターンだし、
似たフレーズ、テンポの曲が多いのが個人的に気にはなる。
まあ、メロスピが普通に好きな人からすればマイナス点に
なる程酷いものでは無いと思うし
それを差し引いても、このクサさは堪能しておくべきだろう。

しかし・・・⑬はボーナストラックらしいが
何でなんだろうね?こんなにいい曲なのに・・・。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①In the heart of the stone
②A new world
⑤Starsmaker(Elbereth)
⑦By the strange path of destiny
⑧The night of the age
⑪A truth for me
⑫Dies irae(Amadeus)
⑬Mystery of goddess



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/43-5c062a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。