謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Book of Heavy MetalBook of Heavy Metal
(2004/07/13)
Dream Evil

商品詳細を見る



'04年にリリースされた3rd。

最初に書いておくと、私が買ったのは日本盤ではなく輸入盤なので
曲順や、収録曲の一部が違います。ご了承ください。
・・・って、彼らの他のアルバムでも書いたっけ。
ボーナストラックがあるのは構わんが、曲順を変えるのは
勘弁して欲しいなぁ・・・。
・・・曲目を書いておきます。

1. The Book of Heavy Metal (March of the Metallians)
2. Into the Moonlight
3. The Sledge
4. Crusaders' Anthem
5. No Way
6. Tired
7. Chosen Twice
8. M.O.M.
9. The Mirror
10. Only for the Night
11. Unbreakable Chain


まずこのアルバムを聴いて、一番印象に残るのは①だろう。
フレドリック・ノルドストリームとガス・G、2人のGuワークは
相変わらず息が合っており、リフは徹底的に冷酷かつへヴィに
そして、歌メロは時にヒステリックに、時に野太いコーラスが似合う
MANOWAR的なヒロイックさもあるという、
正にへヴィメタルの教科書的な一曲に仕上がっている。
スピードナンバーじゃなくても、いい曲を作れることは前作までで
分かっていたが、彼らの場合はむしろスピードナンバーよりも
こういう曲の方が魅力なのかもしれないね。

④は様式美BLACK SABBATHを現代風にしたかのような曲。
・・・"Heaven and hell"が手本なのかな?
⑤はGuフレーズがザック・ワイルドそのものだが、これは
そう突っ込まれることを狙っているんだろうね。
わざわざHELLFUELDのアンディ・アルクマンに歌わせている訳だし(笑)。
まあ、そういうネタレベルを通り越して
普通にカッコいいし、本家を食ってやるくらいの気概を感じる曲なので
これは聴いてもらいたい曲だ。

そんな感じで、前半は結構豪華なのだけれども
後半の曲が弱い。
⑧⑨あたりはGuソロは素晴らしいんだけど、それだけで
何度も聴きたくなるかと言われれば微妙ではある。
⑪ではSCORPIONS風のバラードをやっていて、
これは絶品なんだけどね。

多分、このアルバムの場合日本盤と輸入盤のどちらを
買うかで評価が分かれると思う。
どうも日本盤に入ったボーナストラックが良いらしいので、
未聴の方は、日本盤を買った方がいいかもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①The book of heavy metal(March of the metallian)
②Into the moonlight
④Crusaders' anthem
⑤No way
⑦Chosen twice
⑪Unbreakable chain



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今作、私は国内盤を所有していますが、国内盤のボーナストラックは
かなり強力です!いきなり二クラスの強烈なシャウトから始まりますが、
これがHR/HM界の名シャウト10選に入れてもいいんでは?というような
ホント歴史的なシャウトでございます。

楽曲の出来栄えは今作の一番のキラーチューンかと思いますし、
しっかりと国内盤では1曲目に収録されているあたりが確信犯的
ですね。なぜこれがアウトテイクだったのか非常に謎ですね。

しかし輸入盤の曲順違いというのもホント微妙ですね。順番が違う
のとボーナスのありなしだけでまるで違う印象に変りそうなアルバム
ですね。

私は彼らのアルバムでは一番聴いたアルバムですね。
やっぱりガスとスノーウィが在籍していたことも大きいです。
2010/05/02(日) 22:04 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
>>メタラーまっちゅさん

「日本盤を持っている人が羨ましいなぁ・・・」と思いながら、どんな曲なのか調べてみたところ
"The enemy"と"Chapter 6"だったみたいですね。これは5thに入っていたので
知っている曲でした(汗)・・・が、
この2曲とも素晴らしい楽曲であり、この2曲の有無でアルバムの評価がガラリと変わるような
重要な曲なのになぜ日本盤のみのボーナストラックにしたんでしょうね。
単純に日本のファンへのサービスだったのかもしれませんが、
これが入っていたら、80点後半は付けてました。
欧米での売り上げもずっと良かったと思いますけどね~。

ガス・Gとスノーウィがいたのはこのアルバムが最後だったと思いますが、
これ以降のフレドリックいや、今はリッチー・レインボーでしたっけ(笑)
これ以降に彼の相方となるマーク・ブラックやダニー・ディーモンもそんなに違和感は無いんですけど
Guソロとかで物足りなく感じますし、泣きのバラードが減った感はあります。
その分は、FIREWINDに期待するしかないようですね~。
2010/05/04(火) 00:24 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/438-1d7fd515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。