謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'83年にリリースされた、M.S.G.(MICHAEL SCHENKER GROUP)の
アルバム"BUILT TO DESTROY"に収録されているインストナンバー。



スタジオテイクが見つからなかったが、このライブテイクでも
十分カッコいいね。
HR/HMのインストナンバーを聴いて、一番最初に私が感動した曲は
多分YNGWIE MALMSTEENの"Far beyond the sun"なのだが
HR/HMのインストナンバーを聴いて、一番最初に私が「ドラマ」とか「ある一つの物語」が
頭に浮かんだ曲と言えば、この曲なのだ。
CD屋でマイケル・シェンカーのアルバムを手に取って見ると
やたらと「神」だなんだと、安っぽいタタキが書いてあるのを
ご覧になった方も多いだろう。
私も「神」なんて形容は好きじゃないが、でも
こういうメロディを考えるというのは、やっぱり努力だけでは
どうしようも無い部分が確かにあると思うのだ。
ちょっとこんなメロディは思いつかないね。

一番の聴き所はやっぱり1:20以降のKeyから、盛り上がるところかな。
この辺りを高校生の頃に聴いて、
大袈裟だけど、「ロックのメロディが芸術に近づいてる!」な~んて
青臭いことも考えたものだ(笑)。
でも、それくらいこの曲ってオーケストラで聴きたいくらい
メロディと構成がしっかりしていて、
ちょっとこの曲に迫るインストとなると、数は限られてくると思うね。

ライブではこの曲と"Rock my nights away"と繋げてやるのが
定番なのだが、それがまたカッコいいのだ・・・。

未聴の方・・・特にGu弾く人は是非聴いて欲しい一曲。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉニューコーナーですね!いいぢゃないですか♪
ブログは無理せずにやっていってくださいね!
でも『暗黙のルール』があったとは気づきませんでしたw

この曲はINTO THE ARENAに並ぶ必聴曲ですね!
自分も大々好きです(*゚∀゚)
コミカルさと叙情的な部分の織り交ぜが素晴らしいです♪

この曲も十年以上前に手癖になるまで随分コピーしたはずでしたが
最近弾こうとしたら、だいぶ忘れてます(;゚∀゚)げげっ
2010/06/05(土) 00:59 | URL | koumei #-[ 編集]
>>koumeiさん

>おぉニューコーナーですね!いいぢゃないですか♪

ありがとうございます!
私のブログに課したルールについては、これまでもSTYXやKANSASといったバンドが
微妙に破っている気もしますが(笑)、こういうルールを作らないと自分としては
色んな意味で点数を付けたレビューのしにくいアルバムが多いのです。

マイケル・シェンカーは自分にとっては思い入れが強くて、アルバム単位で点数を
付けるのが畏れ多いミュージシャンでして、特に彼の作った楽曲の中でも"Captain Nemo"は
目からウロコが落ちた一曲であり、正に別格なのです。
"Into the anena"もそうなのですが、メインとなる同じGuリフパターンを繰り返して
それから違うパターンが幾つかあって、
最後にまたメインとなるGuリフに戻る、という典型的なロックインストの
型にはまらない楽曲を作るので凄いですよね!

私もギターが弾けたら、koumeiさんのようにこの曲をコピーしたことでしょう。
と言うか、この曲ってそんなに速弾きとかは無いけれども割と難易度が高いんですよね?
今は忘れていても、コピーできたってだけで凄いですよ♪
2010/06/05(土) 23:55 | URL | メタリスト #-[ 編集]
お仕事、お忙しいようですね。お疲れ様でございます。
新たなカテゴリですね!今後も楽しみにさせて頂きます。

一発目はCaptain Nemoですか!一発目にもってこいの名曲ですね!
私も当然コピーしていますよ。実はそんなに難しい曲ではないのですが、
イントロのリフがアイデア満点ですね。ちょっとうろ覚えなんですが、
シェンカーは四弦の張られていないギターを弾いていてできた
リフだと言っていたような気がします。確かに派手に弦飛びする
アイデア満点のリフなんですよね~このアイデアは音楽学校でも
パクっていましたね。わざと弦を一本外してアドリブ大会するんです!
そうすると自然ととんでもないフレージングやメロディが生まれるんですよ!
マンネリ手癖防止にも抜群のアイデアでしたね。
このリフを考えただけで神ですよ。とても面白いアイデアです。
実は私がシェンカーで一番影響を受けた楽曲なんです。

その後の展開も素晴らしいですね。実に叙情的ですし、メロディックですよね~

私も芸術作品だと思います。なかなかこのクオリティのインスト曲は
ないんじゃないですかねぇ~
2010/06/06(日) 21:13 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
>>メタラーまっちゅさん

最近は仕事面で新しく勉強することが多いので、限られた時間でブログを楽しむために
こうして新しいカテゴリを作って
自分も楽しませようと色々考えていたところでしたが
少しでも楽しんで頂けたら幸いです♪

HR/HMのインストナンバーの中には「これって歌入れてもいいんじゃないかな~?」と
思えるものもあるのですが、この"Captain Nemo"はGuやkeyなどの楽器で
このメロディを弾かないと様にならない気がします。
しかし、この曲が出来たきっかけが実に興味深いですね。私の先輩も
「テンポは大したことないけれども弦飛びのフレーズがあって、大変」と言っていましたが
ギターの熟練者からすると、
必ずしも弦が多いからとか、弾ける音域が広いからアイディアが生まれるというものでは
無いようですね。そういう普通よりも不足したところからスタートすることでも
思わぬフレーズが生まれることがあるとは・・・。
まあ、そういうアイディアプラス、彼が考えたスケールの大きい、聴いているだけで
情景が浮かぶ曲の構成には、私のような凡人にはただただ舌を巻くばかりです(苦笑)。

HR/HMのインストに関して特集のような記事を書いていませんでしたが、その理由の一つとして
そういうインストナンバーを作ることに関しては明らかに'80年代以降のバンドよりも
'80年代以前のバンドの方が長けており、例外はこのマイケル・シェンカーくらいしか
いない(と私は思う)ということがあるんですよ。
もっと素晴らしいインストナンバーを作るバンドが現代でも出てきて欲しいものです。
2010/06/06(日) 22:23 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/464-9f3ac0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。