謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'69年にリリースされた、THE WHOの
アルバム"TOMMY"に収録された曲。





THE WHOはどちらかと言うと、HR/HMよりもパンク系のバンドに
影響を与えているようなので、当ブログで扱うべきかは正直迷った。

が、この"Pinball wizard"という曲は
シンプルでありながらもブリティッシュロックの源流とも
言えるメロディラインがあり、そのドラマティックな曲構成は
メタラー諸氏が聴いても何か感じるものがあると思ったので挙げてみた。

この曲が収録されたアルバム"TOMMY"は今でいうところの
コンセプトアルバムであり、最初のロックオペラと呼ばれた。
ストーリーを大まかに説明すると、
幼少時のトラウマによって、目が見えない、耳が聞こえない
口がきけないという障害を背負ってしまった主人公トミーが
彼を取り巻く、異常者によって様々な迫害を受け
自身も、自ら作ったカルト教団によって様々な人たちに
迷惑をかける・・・という文章にすると何だか救いの無い話だが(笑)
実は人間の存在価値とか、そういう深遠なテーマを扱っており
METALLICAで言えば、"One"のようなテーマを扱っていると
思っていただければいい(まあ、あそこまでへヴィな話では無いが)。

この曲ではトミーが突如開花させた
ピンボールの才能について書かれており、彼は目も耳も聞こえないのに
凄い腕前だ・・・という、まあそれだけの曲なのだが
先述の通り、そのメロディラインはHR/HMに通ずるものがあるし
故ジョン・エントウィッスルによるBaラインがかなりラウドであり、
実は、それが好きで挙げている部分があるのは内緒だ(笑)。

まあ、この曲以外にも面白い曲があるので
興味を持った方はアルバム"TOMMY"の方も是非聴いてみてください。
2枚組で曲は多いけれども、いいアルバムなのでね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/468-003f8565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。