謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Warriors of the WorldWarriors of the World
(2005/06/28)
Manowar

商品詳細を見る



'02年にリリースされた9th。

一曲目から重厚なミドルテンポの曲なのに、
何だろうね・・・この熱さは。尋常じゃない。
へヴィメタルはスピードだけではなく、へヴィネスだけでなく
メロディだけでなく、テクニックだけでもなく
「気合でやるもの」だと①一曲で雄弁に語っている。

しかし、②はどうかな。
①で熱い気持ちをたぎらせたメタラー諸氏が②で
クールダウンするんじゃないかな?
いや、決して②がつまらない訳じゃないけれども
明るいバラード調の曲であるため、流れがぶった斬られるような
気持ちになるかもしれない。
③に至っては、オペラ歌曲のカヴァーということで
メタラー諸氏の中には敷居が高く感じる方もいるかもしれない。
逆に⑥はエルヴィス・プレスリーのカヴァーであり
エリック・アダムスの歌唱力を堪能できる出来には
なっているものの・・・熱くはならないなぁ。

そういう感じで若干HR/HMの純性に欠ける印象もあるが、
タイトルトラックの⑧では決めてくれる。
①同様にミドルテンポの曲ではあるが、歪ませつつも
軽くなっていないリードBaの上に邪悪なGuリフが
乗っかってくる・・・う~む、実にへヴィだ。
⑧の雰囲気を引っ張りつつも、軽快なテンポの
⑨もスピードナンバーという程速い曲ではないが
頭を振りたくなる曲だ。

前半は①を除くと、退屈な曲も多いけれども
⑧以降の流れが素晴らしいのでこの数曲だけでも
十分80点以上を付ける価値はあると思った。
名盤とは言えないかもしれないが、決して無視できない曲が
詰まったアルバムだと言える。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Call to arms
⑤Sword in the wind
⑧Warriors of the world united
⑨Hand of doom
⑩House of death
⑪Fight until we die



総評・・・84点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/470-0b4216eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。