謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクリーミング・シンフォニースクリーミング・シンフォニー
(2008/07/23)
インペリテリ

商品詳細を見る



'96年にリリースされた4th。

この時期の彼らは
イングヴェイ・マルムスティーンとは違った意味でマンネリズムを
貫いていたようなので、批判はあるだろうが
こういう正統派HMは当時としては、希少価値があったため
重宝したものだ。
だが、今だとどうだろうなぁ。正統派HMの復興という動きも
あるし、それなりに彼らと同じような音楽性のバンドも
いるため、珍しくはなくなっている。
質は高いし、彼らのアルバムの中でも最高傑作に挙げる声も多いが
あまりにも前作に収録された曲と似た⑨などもあるし、
同じアルバム中の曲でありながらリフがそっくりな①と③
など、気になるところは多々ある。
曲のタイプもストレートに疾走する正統派HMナンバーか
重厚なミドルテンポの曲と、基本二つしかないため
人によっては飽きるのが早いかもしれないのだ。
思い切ってバラードを入れてもいい気がするが、
確か、わざとそうしているとインタビューで聞いたことがあるんだよな・・・。

ただ・・・Guの切れはやはり凄い。
④なんか、曲は大したことは無いんだけど
Guソロの速さ、フレーズのイカつさ、インパクト十分だ。
タイトル通りにチキンピッキングを使った、クラシカルなインストも
素晴らしいし、
⑦のイントロのGuフレーズも、Guのことをよく知らない方でも
その凄さが堪能できると思う。

本作品はIMPELLITTERIのアルバムを
1stから順番に聴くと、あまり良さを体感しづらいアルバムかも
しれないが、このアルバムから聴くと
凄くハマる人は多いかもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Father forgive them
②I'll be with you
④Kingdom of the light
⑥17th century chicken pickin'
⑦Rat race
⑨You are the fire



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インペリテリってやっぱりマンネリの件で評価は分かれるでしょうね~
個人的には確かにギターもソリッドにカッコよくて好きなんですが
リピートしまくると飽きるのも早いかもしれませんねw
てもたまにこの前後のアルバムは無性に聴きたくなります♪
で、またリピートしてると飽k(ry
・・・・無限ループですねww

やっぱり④⑦は特に好きですね!
この2曲だけ抜いてお気に入りで聴いていることは多いですよ♪
確かに次作のON AN DONみたいなバラッド曲があったらもっと良かった気もしますね~
当時のクリスの流儀ならしょうがないですが
一辺倒な印象になりすぎて勿体無いですよねw
2010/06/21(月) 05:56 | URL | koumei #-[ 編集]
>>koumeiさん

このアルバムが出た当時であれば、正統派HMが希少価値の高い時代でしたし
多少のマンネリもまだ大目に見られていたようなフシがあるのですが
今のようにNOCTURNAL RITESとかHIBRIAみたいに質の高い正統派HMバンドがいると、流石に
こうまで曲質が似ているのはマズいと思います。
個人的には好みなんですけど・・・フォローし切れない部分が確かにあり、何度も聴くと
飽きるのは間違いないですね(苦笑)。

Youtubeだと彼らのアルバムの曲は大体見つかるんですけど、私が特に聴きたいと思った曲を
選んだところ④⑦が思いついた訳です。
この2曲は特にアグレッシブでIMPELLITTERIらしいので良いと思います。
やはり、この辺の曲の好みは共通するものがあるようですね!

それと彼らがアルバム中にバラードを入れなかった理由も
ちゃんとあったとは思いますが、それはちょっと忘れました。
最近は彼らには似合わないラップメタルっぽい曲を入れたりと、マンネリ打破の道を
間違えて迷走しているようですが、その内素晴らしい作品を作ってくれることだと信じています。
2010/06/22(火) 00:47 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/471-d003b7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。