謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Back for the AttackBack for the Attack
(2008/07/15)
Dokken

商品詳細を見る



'87年にリリースされた4th。

DOKKENのアルバムは'94年にリリースされた
アルバム"DOKKEN"以降の作品を除くと、どのアルバムも概ね良作揃いだと
思うが、この4thは彼らにしてはアグレッシブで
爽快なテンポの楽曲が比較的多いために特に気に入っている。
(それでも基本的にはしっとり系の曲が多いが)

①と⑧ はドン・ドッケンが作る、非常に覚えやすく口ずさみたくなるような
インパクトの強い歌メロと、ジョージ・リンチのシャープなGuリフが
実にマッチした名曲。
特に⑧は曲を聴いただけで、'80年代フィーリングに浸れるので
ノスタルジーを感じる30代後半のメタラーは多いかも。

②は、彼らが作る曲としては並のレベル。可も無く不可も無い。
③はAメロはRATTとかあの辺りの、LAメタルの雰囲気そのものなのだが、
サビに行くと何だか神秘的な雰囲気を醸し出していて
(特にGuのメロディが)
面白いメロディになっている。隠れた名曲かも。

⑤はリフや曲調は非常に地味な曲なのだが
歌メロひとつで、単調な曲をかなりドラマティックにすることに成功している。
勿論、終盤で聴けるジョージのGuも聴き所ではあるが。
⑥は'80年代HR/HM史に残る名インスト。
メタルのGuを志す人はこの曲をコピーした人も多かったのでは無かろうか。

ラストの⑬はイントロだけ聴くと、後の彼らのような暗さがあるが
'90年代以降の彼らの音楽と決定的に違うのは
泣けるメロディがあること。
ラストにするには暗すぎる感もあるが、いい曲なのは確かだと思う。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Kiss of death
③Night by night
④Standing in the shadows
⑤Heaven sent
⑥Mr.Scary
⑧Burning like a flame
⑪Cry of the gypsy
⑬Dream warriors



総評・・・90点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このアルバムもカッコイイですね♪
2~4thはホント甲乙付けがたいですね~

自分はなんつっても①⑥⑬はガチなんです。
ジョージのフレーズって指の短い自分にはかなりきついので
上手くコピーは出来ないですが、BEAST FROM THE EASTのスコアは
学生時代にチマチマコピーして楽しんでました♪
①のイントロが一番弾いたかもww

特に⑥なんかはホントにしびれるくらい好きですが
完コピは、多重録音過ぎて無理っぽいですねw
好きなトコ抜き出しながらやってましたねw絶対みんなやると思いますw

⑧もjust go lucky味でポジティブ風味でかっこいいですね!
2010/06/23(水) 10:14 | URL | koumei #-[ 編集]
こんばんは、
はじめてコメントいたします。

このアルバム良いですよねぇ!と言ってもドッケンは、
「Back For The Attack」と「Beast From The East」
しか持っていませんが。

特に①はシビれます。
硬めのディストーションがたまりません。確かジョージリンチは
オールメイプルのギターだったと思うんですけど、それがジョー
ジ・リンチのサウンドの秘密なんでしょうかね。
2010/06/23(水) 23:22 | URL | naokichiman #-[ 編集]
>>koumeiさん

私はDOKKENのアルバムの中ではこの4thが一番気に入っており、
その主な理由としては①と⑥と⑧が聴けることです。
特に①はリフを聴いただけでテンションが上がりますよね!
この曲は私も先輩がよく弾いてて、それに合わせてBaを弾いたりしたものですが
私にGuが弾けるならばこういうリフを弾いてみたいと思っていました。
それと・・・ジョージのフレーズはストレッチのフレーズがよく出てくるんですかね?
だとすると尚更良いですね。何故ならば私はどちらかというと弦飛びのフレーズのような
縦の動きが激しい運指は苦手なのですが、ストレッチとか横のフレーズが好きでしたから。
(・・・そういう問題でも無いですかね(笑))

⑥はギターがいっぱい重ねてあるので、どうコピーすべきかは
"BEAST FROM THE EAST"を参考にすべきかもしれませんが、スタジオverを参考にするならば
一曲コピーするだけでも、重ねているGuフレーズが複数あるので何通りも楽しめて
いいですよね♪

⑧のキャッチーさは心底癒されます。
メタルと言うと刺々しいイメージがありますが、DOKKENで好きな曲と言えば
こういうメロディアスでポジティブなものが多くなりますからね~。
2010/06/24(木) 00:56 | URL | メタリスト #-[ 編集]
>>naokichimanさん

はじめまして、当ブログへのコメント有難うございます!

>「Back For The Attack」と「Beast From The East」
>しか持っていませんが。

DOKKENの場合は、下手にベストを買うよりもライブ盤の"BEAST FROM THE EAST"を買う方が
魅力は伝わりやすいと思いますので、それでもいいんじゃないんでしょうか。
勿論、"UNDER LOCK AND KEY"辺りも聴いて損をすることはありませんけどね。

①はリフからして、おいしいですよね!
DOKKENはゆっくり目の曲が多くて苦手だ、という人もこの曲のリフを気に入っている人は
多かったと思います。
Guの音についてはあまり詳しくはありませんが、日本ではsex MACHINGUNSのAnchangとか
ジョージの音を気に入っているプロミュージシャンも多いですよね~。
しかしながら、明確な彼のフォロワーがいないということは
ある意味、このスタイルで個性を出すということがいかに難しいかが分かります。
ミュージシャンズミュージシャンと言ったところでしょうか。
2010/06/24(木) 00:57 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/473-adedd1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。