謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'90年にリリースされたANTHEMの
アルバム"NO SMOKE WITHOUT FIRE"に収録された曲。





学生時代に後輩にこの曲を聴かせた時、「ちょっとダサいっすね(笑)」と
言われた曲。
・・・うん、そうだね。確かに'90年代後期に聴いたとしても
これは少しダサい。それは認めるよ。
しかし、日本人なんだからそこはオブラートに包んだ
言葉を選んで欲しいものだ。そういう気遣いが出来る人が
もっと増えることを切に望む。
何故なら、こういうダサい曲をこよなく愛するのが私だからだ(笑)。

ANTHEMと言えば、柴田直人がリーダーの
日本が誇る正統派HMの雄であり、西のLOUDNESS
東のANTHEM(出身は北海道なんだけど活動拠点が関東なのだ)とまで
言われた程の存在で、曲を聴いたことは無くても
名前をご存知のメタラーも多いはず。

主にVoが入れ替わった時期を一区切りとして
語られることが多く、ANIMETALに参加したことでも知られる
初期の坂本英三時代と
後期の森川之雄時代の中でも、この曲は後期の名曲だ。
(ちなみにANTHEMは一度'90年代に解散した後、坂本英三氏を
迎えて再結成、現在も活動中だ)

この曲の最大の特徴は、突進力のあるスピードナンバーであることに
加えて
今までバンドリーダーでありながら
Baとして必要以上に曲の中では目立たなかった
柴田直人が大々的にBaソロをフィーチュアさせていることだろうか。
そのBaソロはゴーストノートを交えてハイフレットを
刻んでいるあたり
ちょっとロジャー・グローヴァーっぽいね。
Guの中間がGuソロ前に一緒にBaとハモるパートも印象的。

この曲の歌メロは正直あまり好きじゃない。
歌メロは多分、森川氏じゃなくて柴田氏が作っていると思うが
他にもっといい曲はある。
・・・そうですね、確かにANTHEMならば"Bound to break"とか"Gypsy ways"とか
曲単位ならもっといい曲はありますけど・・・
まあ、Baがカッコいい曲を一曲挙げときたかったんです(笑)。
そういうことだから、とりあえず私の気持ちを分かれ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
なんの!ダサい、クサい、煩い、全部誉め言葉ではないですか。

ゴリゴリのR&Bに「喫茶店のBGMみたい」と言われた屈辱に比べれば…!

すいません、私怨でした。てへ。

国産メタルには疎いのでアンセムも名前だけどうにか、といったところですが…
確かにベースソロはイイですね。
しかもロックらしさを保っている辺り、実にオトコマエですね。
2010/08/15(日) 01:47 | URL | heyzo #-[ 編集]
>>heyzoさん

>なんの!ダサい、クサい、煩い、全部誉め言葉ではないですか。

そうでした。その通りです。
メタラーがそんなことでめげるのは筋違いですね(笑)。

ちなみにこの曲はBaソロだけ変えた別バージョンもあり、そちらも
ロックらしいゴリゴリとしたBaソロで
なかなか面白い出来になっています。

>ゴリゴリのR&Bに「喫茶店のBGMみたい」と言われた屈辱に比べれば…!

ファンクやフュージョンとかだったら「洋物AVのBGM」と
プログレは「何これ?間違い?」とか言われたり、
ちょっとディープな音楽には偏見がつきものですね・・・(苦笑)。
2010/08/15(日) 23:49 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/484-41570c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。