謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'74年にリリースされたKING CRIMSONの
アルバム"RED"に収録された曲。







この時期のKING CRIMSONのメインメンバーに触れておくと
リーダーはGuのロバート・フリップ。
Ba/Voがジョン・ウェットン、Drはビル・ブラッフォード。

それにしても何というへヴィな音だろう。
重ね録りされたGuはけたたましく鳴り、不気味な歪みを持ったBaが
唸り、それらを支えつつ暴れまわるDr。
かつ曲が勢い任せではなく、非常に覚えやすいように計算された展開で
最近のHR/HMのへヴィネスとはちょっと質が違う。
ストリングスが入っているせいもあるかもしれないが・・・
この曲にクラシックの一部の現代音楽のような
へヴィネスをこの曲から感じた方は多いかも。

KING CRIMSONならば"21th century schizoid man"とか"Starless"の方が
勿論、私も好きなのだが
KING CRIMSONの音楽的な特徴を最もシンプルに現しているのが
この曲だと思う。
KING CRIMSONとはイコール、ロバート・フリップであり
ロバート・フリップの音楽的発想を外に出力するための
ユニットでしかない。
そのロバートのアイディアは、非常に特徴的で
何と言うか、
ロックともクラシックともジャズのいずれかとも断定できず、しかしながら
その全ての要素を孕んでいるとも言える。

そういう何とも特徴的な音なので
数あるプログレッシブロックバンドの中で、単純にロックの歴史が
歩んできた「音楽的要素の融合の繰り返し」に終始していない
非常に独創的なサウンドがファンのみならず、
多くのミュージシャンを魅了してきた。

それ故に敷居が高く、理解に苦しむ曲も
私自身、正直言っていくつかあるのだが(笑)。

そんなお馬鹿な私でも、まず"Red"は分かりやすいと思うし
この構築された暴力的サウンドの
後にとても物悲しいバラードが続く
自然な展開は、メロディ重視派のHR/HMファンにも受け容れられるものだと
思う。

さらにこれらの曲が収録されたアルバム"RED"は
先述の有名曲"Starless"も入っているので
これらの曲を気に入ったら、是非合わせてチェックして欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです

REDが来ましたか~
確かにこの曲は「=King Crimson」という点ではとても完璧ですね。かくいう私も精神異常者やディシプリン好きですが…

あと、理解に苦しむという点では、プログレなんてそんなもんだと思うんですよ。これ全部理解出来たらそれこそロバートのような天才となるか、それとも狂人となるか、って感じるときがあるんですよね。ワタクシはその不可解なところも不可解なまま楽しむことを選択しました笑
2010/10/09(土) 11:03 | URL | 北欧海老 #-[ 編集]
>>北欧海老さん

KING CRIMSONの音楽性を語るには私のボキャブラリーが足りなくて、
もどかしい思いがあるのですが
どうすれば彼らのような音楽が作れるか、については
ANEKDOTENのようなフォロワーの方々がよく研究しているようですね。

で、多分彼らはKING CRIMSONっぽい音を出すのに参考にしているのは
この"Red"だと思います。

理解に苦しむ曲、というのは具体的に言うと
"Providence"のようなインプロビゼーションっぽい曲のことなのですが、
これはなかなかカオス過ぎて、いくら私がプログレ好きでも
ついていけませんでした。
・・・正直、この曲は本当に分からないので飛ばしてます(苦笑)。
本当にこの曲が理解できる人って、正に狂人か天才か・・・って感じがしますよ・・・。
2010/10/14(木) 00:20 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/494-ddbf4d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。