謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンサー・トゥ・ザ・マスターアンサー・トゥ・ザ・マスター
(2004/09/22)
インペリテリ

商品詳細を見る


'94年リリースの3rdアルバム。
それにしても、このアルバムプレイヤーにかけてから聴き終わるまでが
実に短く感じる。実際、全9曲収録で30分程度しかないからなの
だろうが・・・密度が濃いから、そう感じる部分もあるのだろう。

当時からイングヴェイ・マルムスティーンとよく比較された彼ではあるが、
このアルバムを聴いてみると、イングヴェイと同じように
クラシカルなフレーズの多い速弾きが聴けるが
全体的に彼とはかなり違った
切り口でHMを追求しているのが分かる。
まず、こちらの方がより正統派っぽく
キーボードも入ってはいるがそれがサウンドの主役にならず
味付け程度のもの。当然、ギターとのバトルも無い。
そして、疾走曲においてはギターリフで勝負している
印象を受けるので、キラキラした様式美、メロスピ
と言う感じではなく、
メロパワと言った方がしっくり来るかもしれない。

③⑤を聴くと、ギターのクリス・インペリテリは
イングヴェイというよりもRAINBOWが
好きなんだろうな~と思う。ロブ・ロックの歌う歌メロが
そう思わせている部分はあるだろうけどね。
個人的にあまり面白いと思わなかったのは⑥のみ。
クリス曰く「とてもへヴィなリフを持っていて、
これが全体を通してグルーヴを生んでいる曲」
とのことだが
私にとってこの曲はリフ・ソロ共に少し退屈でした。

④のような重厚なバラードも入れたり、と工夫もしているし
タイトルトラックの⑦なんかはメロパワ好きな人ならば
ライブだとヘドバン、大合唱必至の名曲ですな。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Warrior
⑤Hold the line
⑦Answer to the master



総評・・・88点


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/5-8369e393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。