謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Red in the Sky Is OursThe Red in the Sky Is Ours
(2003/08/12)
At the Gates

商品詳細を見る


'92年にリリースされた1st。

メロディックデスメタル創成期に活躍し、後に世界中の
同ジャンルのバンドからリスペクトを受けることになるバンドだ。
私自身も、メロデス系の中ではメロディが甘すぎず
そして「デスメタル」の範疇内にあるブルータルさを
両立させた良いバンドだと思う。

が、正直なところ、この1stだけ聴いたのでは
何故このバンドが・・・?と不思議に思われるかもしれない(苦笑)。
まあ・・・はっきり言うとこの1stを録った時期、
彼らにはまだレコーディングに十分な金が掛けられなかったのだろう。
録られた音もスカスカだし、①③の後半で入っている
物悲しいバイオリンの音色もバンドの音楽性の一部と
して捉えるには浮いている。
こういうのはちゃんとした、サウンドプロダクションの元
行われないとチープさが浮き彫りになるばかり。
ま、ブラックメタルなどで慣れている人には
あまり気にならないだろうか・・・。

音質の面では散々なアルバムだが
楽曲だけを見るとその片鱗がうかがえる曲はある。
③⑤⑦とか。
演奏面でも1stの時点で、それなりに上手なので
それも気にならないだろう。
しかしまだまだ、好きなメロディ、リフを寄せ集めて
作った楽曲のような印象も否めない。

このアルバムは
METALLICAの"…AND JUSTICE FOR All"同様
リレコーディングして欲しい作品なのだが・・・
無理だろうか。
⑥⑦とかは音が軽すぎるから判断が難しいのだが、
それが実現されればもしかしたら・・・と
思わせる何かがある気もするのだが。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Throuth gardens of grief
⑤Windows
⑦Neverwhere



総評・・・58点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/53-745911a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。