謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
State of MindState of Mind
(1998/07/28)
Elegy

商品詳細を見る



'97年にリリースされた4th。

オランダ出身のクラシカルなメロディを持つパワーメタルバンド。
前任Vo、エドワード・A・ホヴィンガが脱退して
新Voに元VENGENCEのイアン・パリーが加入した、初の作品。

前任のVoがかなり個性的な声質であり、メインソングライターと
思われるGu、ヘンク・ヴァン・デ・ラーズの奇妙なギターリフ、
作曲センス、そしてKeyが醸し出す独特の冷たさを持つサウンド
によって特徴的なHMを作っていた彼ら。
個人的には面白いとは思ったが、まだまだ世間からはB級っぽいと
いう評価しか無かったと思う。
が、本作品でVoがクセの無い声を持つ実力派に変わったことから
かなり聴きやすくなったように思う。
有体な言い方だと「化けた」って所だろうか。

①のインストで大仰な雰囲気を醸し出し、②でスピードナンバーが
来るか、と思いきや重厚なミドルテンポの曲が来る。
彼らは元々スピードナンバーをあまり作らないバンドなので
そこまでは想定内のこと。楽曲も良いし、まだ外していない。
で、③が始まると、おおっ!キタキターッってな感じの
変なリフでのスピードナンバーが(笑)。
そうそう、こういうちょっと変な感じの曲が無いとELEGYらしくない。
しかし、その奇妙なリフで構成された楽曲であってもイアンの力強い歌が乗ると
実にドラマティックなのだ。勿論、歌メロもいい。

ハイライトは⑤だろうか。
これはあまり凝ったメタルがお好きでない方にとっても
素直に聴ける名曲といっていい曲だろう。
ただ、個人的にはバラードにいい曲が多いと思うものの
③のような曲でもっと勝負して欲しい気もするかな。
元々、ミドルテンポの曲が多いのだから特徴を付けないと
印象が薄くなりがちなのだ。
メロパワ系のマストアイテム・・・と言えば過言だが(笑)、
基本、クラシカルなメロディのHMをやっているバンドにしては珍しく、
誰々風という形容があまり思いつかない、
変わったリフを考える面白いバンドだと思う。
初期のアルバムも中古で結構売っているので、興味があれば
そちらも是非。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Visual vortex
③Trust
⑤Shadow dancer
⑧Destiny calling
⑩Losers game



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/54-b242d7b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。