謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hall of the Mountain KingHall of the Mountain King
(1990/10/25)
Savatage

商品詳細を見る


'87年発表の4thアルバム。
4枚も出しているのだから、もう彼ら自身のスタイルが
完成されていると彼らの事を知らない人なら誰もが思うところだが、
彼らの眠れる才能が開花するのは実は次のアルバムだと
個人的に思う。

まだ、初期のスラッシュと言うかパワーメタル路線を
引き継いでいる⑧のような曲も見られるが
明らかに後の「ドラマティックなロックオペラ」路線の片鱗が
⑤⑥あたりを聴くと伺える。
この二曲の流れは素晴らしいし、②③での
クリス・オリヴァのギタープレイもまずまずなのだが、
正直なところまだまだ発展途上のアルバムではあるし
何より音がこもり気味なのが気になる。

そして、SAVATAGEのアルバムでは何故か一曲目に
あまり面白くない曲が来ることが多いのだが、このアルバムも
実はそうだったりする(苦笑)。
更に、このアルバムでのジョン・オリヴァのヒステリックなVoは
おそらく初めて聴いて大好きになる人は少ないと思う。
それほど癖があるので
このアルバムを手放しではお勧めできない。
無難に"GUTTER BULLET"から新しい順に聴いてみて
最新作まで行き着くまでに、SAVATAGEのファンになったならば
このアルバムも結構楽しめると思います。
(私がそうでした。)

私個人はSAVATAGEがかなり好きなので80点くらいは
心情的に付けたいのだが、それはちょっと無理があるかな。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Legions
⑤Prelude to madness
⑥Hall of the mountain king


総評・・・72点


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/6-1ae0381f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。