謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fire & IceFire & Ice
(1998/06/30)
Yngwie Malmsteen

商品詳細を見る



'92年にリリースされた、ソロ名義では5枚目・・・
まあ、実質6thアルバムだ。

評価が分かれる本作品ではあるが、私個人の意見としては
良い作品だと思っている。
重々しいイントロで始まる、
数分間のインストナンバー①は
スピードナンバーが好きな方にとっては捨て曲かもしれないが
完成度は劣るものの、初期の名曲"Black star"を彷彿させて
嫌いではない。
②や⑫のような、ジミ・ヘンドリックス風の楽曲も
イングヴェイお得意のハーモニックマイナーのソロが入り
Vo、ヨラン・エドマンの透明感溢れる歌が入り、
マッツ・オラウソンの重厚なKeyが入ることで
面白い曲となっている。
(最近のアルバムでも、もっとこういう曲を増やせば面白いと思うのだが・・・)

③はアメリカでの受けを狙って作ったのか、分からないが
キャッチーな曲。
そう言えば、この時期はそういう曲をよく作っていたなぁ・・・
イングヴェイは。

タイトルトラック⑨は疾走ナンバーでもなく、シャッフルの
ミドルテンポの楽曲だがイントロからテンションの高い
ギターが聴ける。
また、⑧ではイングヴェイ個人だけでなくバンドメンバー全員で
見せるハイレベルなテクニックを遺憾なく発揮した
インストナンバー。
ゲスト出演する時は空気を読まずに速弾きしまくる彼だが(笑)、
ここでは結構目立つべきところをよく考えている。
(自分の作品だから当然かもしれないが)

一枚通して聴くと、日本盤の場合さらにもう一曲あって
全15曲とやや長い印象もある上、
疾走ナンバーも2曲しかないため、不人気の作品ではあるが
その分④⑪のようないいバラードもあるし
ミドルテンポの良曲の詰まった
貴重な作品だ。
あとイングヴェイのアルバムを買う時いつも思うのだが
ジャケットのセンスが悪い。これは何とかならんのか。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Perpetual
②Dragonfly
④How many miles to Babylon
⑥No mercy
⑧Leviathan
⑨Fire and ice
⑩Forever is a long time
⑪I'm my own enemy
⑫All I want is everything



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/63-4e038bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。