謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Figure Number FiveFigure Number Five
(2003/05/06)
Soilwork

商品詳細を見る



'03年にリリースされた5th。

路線は前作とあまり変わらない、メタルコアと言うかメロデスと
言うかそういう微妙な路線です。
同ジャンルのバンドに多くの影響を与えた彼らだが、
そこらのメタルコア系のバンドと一つ差をつけている要素が
まず、スヴェン・カールソンのKeyにあると思う。
②なんかはそれが顕著に出ており、これはKeyが入ることで
クラブミュージック風のモダンさが出ている。

また、イントロのリフだけ聴くとTESTAMENTあたりがやっても
おかしくなさそうな③のような曲も、広がりと言うか空間を意識させる
Keyサウンドが入ることで
本来メロデス系にある、アンダーグラウンド臭が薄くなっている。
それが嫌い、という人もいるかもしれないが
Vo、ビョーンがサビで入れるキャッチーな歌メロも合わせて
多くの音楽ファンにとって聴きやすくなる要素となっているのは
確か。

いい所ばかり書いたが、正直に言いましょう。
個人的にはメロディ的には好きだし、嫌いになる要素を
はっきり言葉にすること自体難しいくらい作品のクオリティは高い。
いや実際いい曲ばっかりなんですよ。
しかし、メロデスなのにこういうお洒落で爽やかすぎるサウンドは
個人的にあまり燃えないんだよな~。飽きが早いと言うか・・・。
もうちょい、汚らしい胡散臭いサウンドであっても良いと思う(・・・オイオイ)
それでも新作が出ると、しばらくしてから何となく買ってしまうのだが。

トレンドについていけない自分が嫌で、そういう拒否反応を
隠しているメタラーも結構多いと私は見ているのだが(笑)。
どうだろう?
三十路以上のメタラーの皆さん。

と言うわけで、個人的に余計なメタルへの思い入れがあるため
評価は若干普通より低めかもしれない。(そうでもないか)


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Rejection role
②Overload
③Figure number five
④Strangler
⑦Cranking the sirens
⑧Brickwalker
⑨The mindmaker
⑪Downfall



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/64-0844f009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。