謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
’90年にリリースされたBLACK SABBATHの
アルバム"TYR"に収録された曲。




BLACK SABBATHのVoでファンから
最も不遇な扱いを受けている(と、私が思っている)のは
おそらくトニー・マーティンではないだろうか。

オジーが一番人気が高いのはまあ仕方が無い。
オリジナルメンバーだし。
ディオの時代は時代で、「様式美BLACK SABBATH」との認識が
強くて、ディオの長いキャリアの中でも
評価は高かったと思う。
(それを裏付けるように、ディオ時代のライブアルバムだって
リリースされている訳だし、ね)

グレン・ヒューズがいた頃は元々トニー・アイオミのソロとして
アルバムが作られていた訳だからこれは除外するとして
トニー・マーティン時代は凄く地味なイメージがありませんか?
中には「あれはBLACK SABBATHではない」などと酷いことを
言う人もいたり・・・。
"CROSS PURPOSES"なんか、なかなか良いアルバムなんだけどねぇ。

まあ、確かにこのアルバム"TYR"はBLACK SABBATHと言うよりも
「BLACK SABBATH風様式美メタル」と私も思う訳だが、
曲が良ければいいじゃありませんか。

と、言う訳で
今回紹介したいのは、この"The law maker"。
トニー・アイオミの泣きのリフも素晴らしいが、
リズム隊がなかなか興味深くて、Drがコージー・パウエル、
Baがニール・マーレイであり
こういうメロディアスな曲のバックでは特にいい仕事を
している。

今の様式美メタルのルーツ的な一曲だと思うし、
イングヴェイ・マルムスティーン辺りも影響を公言している。
そういう事を抜きにしてもいい曲なので
聴いてみて下さい。
Divine InterventionDivine Intervention
(2007/07/24)
Slayer

商品詳細を見る



’94年にリリースされた6th。

個人的にはSLAYERのアルバムの中では一番集中して聴き易いと思った。
と、言うのはこのアルバム、SLAYERのアルバムにしては珍しく
リズムパターンや曲展開がバラエティ豊かなのだ。
それはデイブ・ロンバード脱退後の後釜となった
新drのポール・ボスタフの影響もあるのだろうか。

彼らに求められるのは猪突猛進のスラッシュメタルであり、
あまり複雑な展開を求めるファンは少ないだろうが
リズムパターンが似た曲が続くとスラッシュメタル入門者には
集中力を持って聴き辛いだろうから、これはいいんじゃないかな。

リリースされた時期がスラッシュメタル冬の時代であったため、
当時、物凄く歓迎された記憶があるが
そういうことに関係なくいい出来だと思う。
たとえば②や④、⑩は正にSLAYERファンが求めるであろう曲調だろうから
期待を外すことは無いだろうし、
それに加えて、①のように少し凝った展開の曲や
③のように3連のリズムでへヴィな曲はPANTERAのような
トリッキーなリフパターンを好むメタラーにとっても
面白く感じられると思う。

私が特に気に入ったのは①。
この曲は前半は割とミドルテンポで進められていて、後半一気に
加速される、という曲展開で
それ自体は特に珍しいことではないが、そこはスラッシュメタルを
長年やってきたSLAYER。
不吉な前兆のようなメロディラインを織り交ぜたり、と
盛り上げ方が上手い。
⑥なんかもサビでの盛り上がり方が上手いし・・・

何と言うか、疾走感とかだけでなくて
メロディ的に特に記憶に残る曲が多いのだ。
こういうバンドだと、リズムパターンが記憶に残ることが多いのに
これは非常に珍しいし、個人的にはSLAYERのアルバムの中でも
1、2を争う良作だと思う。
"REIGN IN BLOOD"だけ聴いて、SLAYERを判断しても
いいけど、それだけ聴いて良い印象を持たなかった方は
本作品もぜひ聴いて欲しい。
こちらなら気に入る方も多いかもしれないから。


~METALIST’S FAVORITE TUNE~

①Killing fields
②Sex,Murder,Art
③Fictional reality
④Dittohead
⑥Circle of beliefs
⑦SS-3
⑩Mind control



総評・・・91点
私がゲイリー・ムーアが心臓発作で亡くなったという
ニュースを知ったのは今日のこと。
しばらくPCを扱っていなかったが、たまたま携帯で2ちゃんねるHR/HM板を
覗いてみて初めて知った。
最初は「釣り」か冗談かと思ったし、スレッドを開いた途端に
別板に飛ばされたり、タチの悪い煽りレスを読むことに
なるかと思ったが・・・本当のことだったんだね。

ディオの時は極めて冷静だった私が、ゲイリーの死には少なからず動揺している。
ブルーズ路線に行ってからは疎遠になった
hr路線のゲイリーの音楽のみを好む、言わば「本当のゲイリー・ムーアファン」
ではない、現金な私が
何か落ち着かないのだ。
が、この原因は分かっている。
ゲイリー・ムーアの曲はたくさんバンドでコピーして、
Baを、音楽を、学ばせてもらったから
ちょっと恩師が亡くなったようなそんな感覚が私にきっとあるのだ。

″Wild frontier""Thunder rising""Over the hills…″
"Run for cover""Reach for the sky""Empty rooms"などなど
たくさんコピーしたっけ・・・。

ギターのことは専門用語を交えて語るということが
できない私だけども、彼のプレイスタイルは丁寧さとか
正確さが気に入っていた訳ではなくて
どちらかと言えば「力技」みたいなところがあって、
そこがロックっぽくて大好きだった。

私が組んでいたバンドのギタリストが当然「ゲイリー役」を
やる訳なのだが、彼ははっきり言って
そんなにギターは上手くなくて、きっちりとコピーできていたのは
「顔」だけだったようにも思うが(笑)
それでも、私は本物のゲイリーを支えるつもりでBaを弾いていて
それが楽しかった。
(ちなみにVoは別にいました)

そうそうゲイリーに関しては歌も忘れてはいけないね。
アグレッシブな曲に関しては迫力が十分足りていたかは
分からないが、バラードに関してはGuと同等くらいに
「男の哀愁」を表現するのに長けていたように思うし
彼の曲はおそらくヨーロッパでも、日本で言う演歌のような
渋いイメージがあったんじゃないだろうか。

近年の彼はしばらくhr/hmを離れた路線で
個人的には少し寂しい思いをしていたのが、
突然、原点回帰を宣言して楽しみになってきたところだったのに
残念なことだ。
しかし、晩年近くの彼の音源もいくつか出るようで
噂によるとHR/HM路線の曲もやっているそうなので
今はそれを楽しみにするしかないかな。

最後にこれは元々ジェフ・ベックに向けた曲だそうだが、
今となっては彼にぴったりの曲を貼っておこう。



死後の世界など、私は信じないが
コージーとの仲直りでもして欲しいところ。
まあ、死んだ人のことを悪く言うのもなんだが
彼はリアルでは性格がよろしくなかったようだから
無理かもしれないが・・・(苦笑)。


ブラインド・ライドブラインド・ライド
(2011/01/26)
ヒブリア

商品詳細を見る



'11年にリリースされた3rd。



'10年に入ってからの話だが、このバンドのオリジナルメンバーであり
バンドの中心人物であった、マルコ・パニーキ(Ba)がバンドを脱退した。
私はこのニュースを聞いた時、バンドの存続を心配した。
と言うのも、このバンドのサウンドの核となっていたのが
彼が弾くド派手なBaラインであるから・・・なのだが
まあ、技術的な面は今時上手な人は探す所をきちんと探せば
テクニカルなプレイヤー自体はいるから心配はしていなかった。
心配していたのは、Baラインを作るセンスだ。
ここが微妙に違えば、テクニカルなフレーズを作っても
随分印象も変わるからだ。

結論から言うと、私のその心配は杞憂であり何の違和感も感じさせない。
新メンバーのベニュール・リマのBaプレイはマルコと
全くの同路線であるため
前作までのHIBRIA路線の正統派HMが堪能できる。
腕前に関してはマルコと同等か、それ以上か?
と言うくらいで、まずは一安心。
⑦なんか目立ちまくりでメンバーからイジメを受けたり
しないか心配なくらいだ(笑)。

バンド全体のアンサンブルも相変わらずテクニカルであり、ハイテンション。
それに加えて本作品では⑤などではグルーヴィなリフワークが聴けるし
⑧では猪突猛進なだけでなく洗練されたアレンジ、メロディセンスを
持つバラード(と言うか、ミドルナンバー?)があったり、と成長の跡が伺える
充実した内容である。
③のように非常にリズムパターンは凝っていながら
主旋律をしっかりと作った王道の正統派HMという路線は
外していないし、
前作で言うところの"Screaming ghost″路線の疾走曲も
④⑪のようにちゃんと場面場面で入れてきているので、楽しめる。
・・・演奏面では。

では、歌に関してはどうなのかと言うと
少し残念なことにやや、テンションを落としている印象を受ける。
まあ、これはライブでキッチリできるように無理をしない
歌メロ作りを心掛けたのだろう。
それと歌メロのテンションが落ちているだけでなく
少し歌メロだけが他の楽器パートと比べて、印象が薄くて
サビ以外のパートが頭に残らないのも残念。
前作までだったら、歌メロに一連の美しい流れがあって
キラーチューンと言えるような曲では
サビまでに盛り上がる布石が必ずあるが、本作品ではそれが少ない。
そこはマイナスかな。

まだまだメロディ面では伸びしろを感じるので、次あたり
もの凄い名作を作る予感がしてならない。
これだから若手のメタルバンドも聴いておきたいと
思うのだ。
彼らのようなバンドがいる内はまだHR/HMも安泰なんだろうかね。

ああ、それと⑫はFRANK SINATRAのカヴァー。
私は原曲は知らないが、めちゃハマってます。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Welcome to the horror show
④Shoot me down
⑤Blinded by faith
⑥The shelter's on fire
⑧I feel no bliss
⑪Rotten souls


総評・・・85点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。